「グローバルな学び・成長を実現する社会課題解決型宇宙人材育成プログラム」事務局
By AI Follow | Public

宇宙科学分野における研究開発や人材育成、宇宙インフラの利活用を前提とした社会基盤やサービスの実現を目的に、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、東京大学空間情報科学研究センター、東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科、青山学院大学地球社会共生学部、事業構想大学院大学事業構想研究科では、「G-SPASE(宇宙インフラ利活用人材育成のための大学連携国際教育 http://gestiss.org/)」プログラムを実施しています。
「G-SPASE」では、宇宙インフラを利活用し、学生の気づきや経験を重視して、実際の社会課題解決に取り組んできましたが、このたび、学生が自ら学び教えあう環境を実現するためのプログラムとして、新たに「社会課題解決型宇宙人材育成プログラム」を展開します。
企業や政府機関、大学研究機関などとの連携により、国際社会における日本の宇宙科学分野のプレゼンス向上・競争力強化、宇宙技術利用の促進を目指します。