花いけバトルin京都
By Toshio Tanioku Follow | Public

花の世界を大きく分けると2つ
和のいけ花 洋のフラワーアレンジメント
生活様式も時代と共に代わりお花を飾る場所、用途も変化してフラワーアレン ジメントが注目を集めております。 が、数多くのフラワーアレンジメントの基本にはいけ花の技術が取り入れられ ていることを日本人は知らずにフラワーアレンジメントを学びます。 海外のフラワーデザイナー達は日本のいけ花の高い技術に早くから気付き母国 のスタイルに取り入れています。それを日本人は学んでいます。 花いけの究極は1輪さしと言われています。 1輪の花で表現するということはごまかせないということ。
それが京都のいけ花文化です。
その伝統のある花を今の若い方に伝えるには花業界が1つになり
消費者に発信する場を作っていかなければとこのイベントを企画致しました。
花いけを見て何に感動するかは人様々です。
いけての躍動感に感動する人
凛とした立ち振る舞いに感動する人
和みを与える優しさに感動する人
花の色合いに感動する人
活け上がりの形に感動する人
花の香りに感動する人
その感動を花を通じて投げかけるイベントです。
1人でも多くの方に花に興味を持って頂きたいと思います。