ソーシャル・インパクト・ボンド セミナー
By 日本財団 Follow | Public

官民連携のソーシャルイノベーション、日本初の本格導入に向けて

2010年に英国で始まったソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)は現在までに世界10各国で40案件以上が導入され、政策的な後押しが広がってきました。日本でも2015年6月に『日本再興戦略』、及び『まち・ひと・しごと創生基本方針』にて検討を進めることが言及されており、民間の力を活用した社会課題解決手法として注目が高まっています。本セミナーでは2015年4月以降に開始された3案件のパイロット事業の関係者から事業の進捗をご報告するとともに、今後の日本での本格導入に向けた課題や施策を議論していきます。