人事の大学
By 人事の大学 Follow | Public

人材マネジメントは人事部だけの問題じゃない。
最近の成果主義の導入や360度評価など、人材マネジメントは常に流行の方法に左右されて来ました。 しかし、組織のグローバル化をどう図って行くか、上司と部下の問題や、社員のモチベーションの向上など人材マネジメントは、人事部だけの問題では無くなっています。

人事の大学では、人事部も含めたすべてのビジネスパーソンが、人材マネジメントスキルを身につけるべきだと考えています。 そして、人事コンサルタントの言いなり、セミナーや書籍からの受け売りの考え方では、現場社員に自らの考え方について、自信を持って説得することもできない時代となりました。
従来の知識ベースの人材マネジメントが通用しない時代なのです。そこで、実際に現場で効果の出ているマネジメントスキルを、体験ベースで学ぶ事ができる講座をご用意しています。
世界で存在を示す、スキルアップと学びの場。
人事の大学では、「ヒューマンスキル」「グローバルスキル」「テクニカルスキル」の3つのスキルを重視しています。 これらの人材マネジメント手法を学ぶことで、”世界で存在感を示す組織と企業”を増やしたいと考えています。

しかし、このように人材マネジメントを学べる場はあまりありません。一方でコンサルタント、研修講師、書籍などは海外で流行った手法を検証もせずに輸入して商売のネタにしていたり、理論先行で本当に実践する際の留意点について浅はかな経験しかなかったりします。

人事の大学の講師陣には、このような商売人としてのコンサルタント講師や、経験の薄い知識輸入型の講師を採用しません。様々なことに試行錯誤しながら、自ら答えを創りだしていく、そのような方に人事の大学の講師をお願いしています。