ミチクラヴィーア音楽事務所 原美千代
By ミチクラヴィーア音楽事務所 原美千代 Follow | Public

熊本音楽短期大学(現・平成音楽大学)器楽科ピアノ専攻へ進学、同大学卒業演奏会へ出演し卒業。音楽教室にてピアノを通した音楽教育に数年に渡り携わる。ポーランドにてグダニスク音楽院教授イェジー・スリコフスキー氏プライベート講習会に参加し同演奏会に出演。また更に教養を重ねるため、オーストリア・ウィーンへ留学。ウィーン・プライナー音楽院にて専門的にピアノ演奏家としての研鑽を積む。二年半の音楽留学生活を経てディプロムを取得し修了。帰国後本格的な演奏活動を開始する。2006,2008,2010,2012年、熊本(平成音楽大学サテライトステージ等)・東京(杉並公会堂小ホール等)・ウィーン(プライナー音楽院エールバーザール等)にてリイタル開催。その他発表会やジョイントコンサートにも多数出演。2009年よりウィーン・プライナー音楽院リート科教授、アイゼンシュタット・ハイドン音楽院鍵盤楽器主任教授ラルフ・ハイバー氏を東京へ招聘してのマスタークラス公開講座を主宰し毎年2回開催、好評を博した。2013年5月東京日暮里サニーホール大ホールにて、スティーヴェン・エレリー指揮、東京国際芸術協会管弦楽団とブラームス作曲ピアノ協奏曲第1番ニ短調作品15を共演。2013年夏より音楽事務所(ミチクラヴィーア音楽事務所)として活動を開始し、リサイタル、アーティストとの共演、コンサートや音楽祭の企画・実行、セミナーやワークショップの開催など、クラシック音楽の普及も含めた演奏活動に益々力を入れている。自宅でのピアノレッスン、また隔月熊本にてピアノを指導するなど、音楽教育にも熱心に取り組んでいる。2014年1月シリーズコンサート「クラシックとワインはいかが?vol,1 原美千代ピアノコンサート」、3月弦楽合奏団Souvenir della Musicaとの共演、6月「クラシックとワインはいかが?vol,2 ウィーンの風」、9月ミチクラ音楽祭を二日間に渡って開催、11月熊本にて「原美千代ピアノコンサート~クラシックの名曲とトーク」を開催、それぞれ好評を博した。12月には東京にて東京国際芸術協会管弦楽団とグリーグ作曲ピアノ協奏曲イ短調作品16で協演。2015年より表参道・青山スパイラクカフェの「夜のカフェライブ~クラシック★ナイト」にソリストとして定期的に出演中。これまでにピアノを大石陽子、(故)ロレッタ・ロールッソ、室内楽をエリザベス・ボールマン、短期レッスン・セミナーをイェジー・スリコフスキー、シュテファン・ミュラー、デボラ・エイケン、室井摩耶子、ラルフ・ハイバーの各氏に師事。