hotal light hill's band
By hotal light hill's band Follow | Public

2010年、千葉県柏市にて藤田竜史・徳田直之・村上友香の3人で結成。
心のふるさと"蛍が丘"から小さなラヴ&ピースを唄う、男女ツインボーカルロックバンド。
通称"ホタバン"(バンド名の名付け親は、andymoriのボーカル小山田壮平)
2011年2月、自主製作でリリースしたファーストアルバム『星年賛歌集(ショウネンサンカシュウ)』は多方面から俄に注目を浴びる。
リードトラックの「ホタルライト」は、未契約バンドながらJ-WAVE、FM802、bay fm、FMヨコハマなど各主要ラジオで注目の新人トラックとしてオンエアされた。

その後正式メンバーとして、小倉大輔と小野田尚史が加入。
5人体制でレコーディングした初のスタジオ録音作品、自主セカンドアルバム『夢夢(ムームー)』を2012年1月リリース。

2012年4月、地元柏から発信するマンスリーフリーイベント"hotal light hill's cafe"をスタート。
柏の老舗Cafe、Cafe Lineを中心に様々なゲストを迎えてコラボレーションを展開。
6月には、アメリカから来日したギターロックバンド”Someone still loves you,boris yeltsin”のサポートアクトに抜擢。
勢いに乗って、ロッキンオンが主催するコンテストRO69JACK2012入賞。MINAMI WHEEL 2012出演。
2012年11月21日、cafe line recordsを立ち上げ初の全国流通盤『ホタルライトヒルズバンド』を発売。
リードトラックの「彗星」は、USENインディーズチャートで長らくTOP20圏内をキープ。
JR柏駅、南流山駅、つくばエクスプレス流山おおたかの森駅の街頭ビジョンにて約半年間に渡りMVがオンエアされた。

2013年、1月からアルバムを引っさげた初の全国ツアー
『~ホタバンが行く!新春雪解けスピカ鉄道サラウンド~』を敢行。
全17公演のツアーファイナルとしてワンマンコンサートを渋谷La.mamaにて行う。
年間60本ペースの精力的なライブ活動から生まれた新曲だけで構成するセカンドアルバム『ホタルライトヒルズバンド2』を11月6日にリリース。
日産スタジアムや神戸ユニバー競技場でのスタジアムライブも経験し、MINAMI WHEEL2013は入場規制がかかる盛況ぶりを見せた。
12月6日には渋谷duo music exchangeにて単独公演"ビューティフル!"を開催。
2014年からは更なる全国ツアー
『~ホタバンが鳴く!6匹目の銀河系野良猫'sツアー~』を敢行し、九州地方から東北まで幅広く列島を行脚。
来る6月25日、リード曲のプロデューサーにCharaやOvallのサポートキーボーディストでも知られる音楽家のKan Sano氏を、
エンジニアにくるりやクラムボンを手掛ける星野誠氏を迎え、ホタバン史上最高にポップな一枚「ホタルライトヒルズバンド3」をリリース。