Ryo Hanabusa
By Ryo Hanabusa Follow | Public

自営マーケティング&物流コンサルティングで28年が過ぎました。最近の関心は、自称隠れ右翼として日本の将来を子どもたちにどうやって説明するのかが心配です。政治や財政、国際競争力や産業の行方。物流活動は産業と国民生活に直結しているので、進化と進歩が必要ですが、企業内部ではコストで頭が一杯。

物流は大切な仕事と認められてはいますが、従事している人びとはあまりに恵まれた環境とは言えない。大災害や救命活動も物流の技術があれば乗り越えられけど、そのことの大切さが身に染みていないようです。
エネルギー問題でも輸入や発電、電力消費や省エネの仇のように思われていますが、衣食住を支えるのがこの仕事。大切さともっとうまくする方法をいつも考えています。別の意味ので唯物史観、と思っています、なんちゃって!