Keitaro Kamo
By Keitaro Kamo Follow | Public

83年に東芝EMI(当時)新卒で入社。
邦楽の媒体宣伝担当を経て、ディレクターとして
85~91年 サンディー&ザ・サンセッツ、ちわきまゆみ、The Willard VOWWOW、アースシェイカー、村田和人、
The Fuse、原田喧太、ジャックス(リイシュー)など担当。

92~95年、宣伝としてウルフルズ、喜納昌吉、ZIKILL,佐藤博、高中正義、吉川晃司,長澤義塾など担当。

96年~98年 ディレクターとしてThe Thirill、浅川マキ、スパーバタードッグ、ヒカシュー、クラムボン、マグースイム、フリーボ、ペンギンノイズ、つボイノリオ(リイシュー)など担当

01年「ミュージシャンになる方法」(青弓社)上梓

99年~11年
新人発掘担当として
Art-School(マネージメント兼務)ナンバーガール(マネージメント兼務) 氣志團、フジファブリック、BaseBallBear、ミドリ、湯川潮音、KUMAMI,MASS OF THE FERMENTING DREGS,相対性理論、The SALOVERS、ハナエ、赤い公園、田中茉裕、等の発掘育成に携わりました。

2 Followers
Comments