Event is FINISHED

山崎佳代子×季村敏夫×ぱくきょんみ「詩はひとつの言葉に聴こえる~ルーマニアの詩祭“Gate of Poetry(詩の門)”に参加して~」

Description
B&Bでは、今年の5月にルーマニア詩祭に参加なさった3名の詩人にお集まりいただき、ちいさな詩の会を行います。
司会は、3人の詩集を発行している出版社、書肆山田の代表・鈴木一民さん。
以下、詩人たちからのメッセージです。

__________

わたしたちは、5月下旬にルーマニアの南西部レシッツアを拠点に開かれた詩祭に参加しました。詩人で翻訳家のリュビツァ・ライキッチ(カラシュ・セヴェリン州文化省)が、内外の詩人を招いた国際詩祭として立ち上げて、今年でちょうど5年目になります。

そこに集った詩人たちは、本国のルーマニア、バルカン半島のセルビア、モンテネグロ、クロアチア、スロヴェニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ブルガリアをはじめ、ヨーロッパはロシア、ハンガリー、ギリシア、ドイツ、フランス、イタリアから、そして遠くカナダ、日本から。
さまざまな国々と民族に開かれた「門」はさまざまな言葉が行き交う「詩の交差点」を出現させました。
あるロシアの詩人が言ったことが深く印象に残りました――「たくさんの国々の言葉で詩を聴いてきましたが、詩はひとつの言葉に聴こえてくるのですね。それもまた詩の重要な本質だと感動しました」と。

ルーマニア南西部カラシュ・セヴェリン地方に息づく人々の暮しや信仰の一端にふれながら、わたしたちは「詩の交差点」に佇み、詩という「ひとつの言葉」に耳を傾けてきました。
日中は、訪ねた学校や聖堂で響き渡る子どもたちの歌声やとびっきりの笑顔に包みこまれ、夕食後はみなでダンスを踊ったり、歌をうたったり、言葉を越えたお付き合いにほぐれた気持ちもあり、わたしたちそれぞれの旅のノートは頁を重ねていきました。
そんな話からも紡ぎ出す「詩の時間」をみなさんと分かち合えたら、と願います。
__________

当日はルーマニアのビールもご用意します。
(※ご希望の方は、ドリンク引換時に+200~300円いただきます)
夏の夜、詩の言葉に耳を傾けてみませんか。
ぜひ、お越しください。


【出演】
山崎佳代子(詩人)
季村敏夫(詩人)
ぱくきょんみ(詩人)

【日時】
7月28日(火)20:00〜22:00


【場所】
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F


【入場料】
チケット1500yen+500yen(1drink)


Event Timeline
Tue Jul 28, 2015
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,537 Followers