Event is FINISHED

響宴ロウドクシャ ―生け贄夜話―「五感のアステカ」

Description
『言葉を語る者だけが朗読者ではない。音も、明かりも、美術も、踊りも、空間そのものも、物語が始まったその時から共に朗読する饗宴者である。』

このコンセプトの下、選出された文学作品をひとつの公演作品に作り上げてきた『朗読者』。

今回、神保町に『朗読者』がつくり出す空間は、より五感を使って文化に浸ることができる宴(うたげ)の場 ―「五感のアステカ」―生け贄夜話―。

朗読者が表現する文学作品の世界に引き込まれながら、その作品の背景にある文化を知り、体感し、自由に飲み、話し、過ごす不思議な夜。

今回の響宴ロウドクシャ ―生け贄夜話―「五感のアステカ」で上演される作品はフリオ・コルタサル 「夜、仰向けにされて」

この作品の夜の世界に描かれているのは、好戦的で血に飢えたアステカ族。
血にまみれた生け贄の歴史を持ちながらも、繊細な美術と天文学の技術を持った謎多き古代文明を創り、滅びていった民族である。

一体、彼らの何が私たちを恐れさせ、魅了するのか。
フリオ・コルタサルのイメージしたアステカと、その文化を想像させる空間に浸る。


イベント概要ーーーーーーーー

開催日程: 2015/7/9(木)

open 19:00 start 19:30 close 22:00

チケット :¥3000 (朗読者公演チケットと1drink、Bar time chargeを含む)


【出演者・スタッフ】

奈佐健臣:俳優

河崎純:音楽家

北川原梓:時空演出家

水谷冬妃:案内人


【スーパーフード提供】

水野志音:美体造形家・スーパーフードマイスター



【タイムテーブル】

19:30開宴 朗読者公演『フリオ・コルタサル「夜、あおむけにされて」』
      出演/奈佐健臣、河崎純(コントラバス)
      演出・美術/北川原梓

20:15   朗読者公演終了 
      Bar time

20:45   アステカ入門
  
22:00   終宴


☆作品について
「 夜、あおむけにされて 」
著:フリオ・コルタサル
※1914年- 1984年。アルゼンチンの幻想文学作家であり、短編の名手。

(あらすじ)
ある朝バイク事故を起した“彼”。
“彼は”運び込まれた病院のベッドの上、生臭い悪夢に苛まれる。
眠りと覚醒、夢と現実を行き来する内に辿り着いた“彼”の未来とは……。
コルタサルの代表的テーマである、タブーの侵犯と其処から産まれる悪夢、夢と現実の錯綜を鮮やかに描き出した作品。1956年発表。


※アステカにちなんだFOODの販売も予定しております。
お楽しみに!!
お問い合わせ先:info@editory.jp

朗読者 FB頁 https://www.facebook.com/roudokusha
快飛行家スミス  http://sky.geocities.jp/smith_kaihikouka/
EDITORY http://www.editory.jp/
Event Timeline
Thu Jul 9, 2015
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(朗読者公演チケット、1ドリンク、バーチャージ込) ¥3,000
Venue Address
東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル2F Japan
Organizer
横尾有紀
12 Followers