Event is FINISHED

お客様は神様じゃない 「今、店頭で求められている『ストアディフェンス』とは?

謝罪のプロ・組織コンサルティングのプロによる、クレーム発生、スタッフ採用対処法
Description
【日程】
2015年07月10日

【会場】
東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア株式会社ナレッジソサエティ イベントルーム


【料金】
1500
本申込はメールにてご連絡させて頂きます。

【概要】
三波春夫さんの「お客様は神様」という言葉の意味が間違って流通した結果、増長するクレーマー被害など、店舗の安全は脅かされています。ストアトラブルはクレーマー対策だけでなく、これからさらに厳しさを増す従業員獲得にも直結し、対応を誤れば店の存続に関わる重大な危険につながります。

店舗経営者、店舗管理者、組織の責任者、、管理部門担当者、店舗を立ち上げようという起業家の方に、コミュニケーション・謝罪の専門家としてテレビや新聞、雑誌に登場する組織コンサルタントが、危機対応の要点を語ります。

■特典■
参加者全員に、話題になった講師の著書「謝罪の作法」(税込1,080円)がもれなくプレゼントされます。

【詳細】
<セミナー構成>
・バイトテロとモンスタークレーマー
・スタッフ採用環境の変容
・これだけは外せないスタッフ雇い入れ時教育

店舗土下座強要事件などは、単に店が被害を受けるだけでなく、その結果有能なスタッフを失ったり、店舗そのものの経営を脅かすような深刻な事態につながりかねません。「謝罪」への取り組み方の基本姿勢は「プロジェクトマネジメント」として、組織で対応すること。その進め方を解説します。

またバイトテロと呼ばれるスタッフのSNS投稿事件への対応など、内なるリスクも店舗は抱えます。モンスタークレーマーとバイトテロスタッフという内外の敵から店を守ることが「ストアディフェンス」と呼べるでしょう。

一方、景気回復といわれる環境下でも、従業員採用状況は決して予断を許さない状況が続いています。大手牛丼チェーンがスタッフ獲得ができず、多数の閉店に追い込まれ、赤字転落したような状況は、この先も続くと見る講師は、日頃大学生など若者心理と実情に通じています。
さらにスタッフ確保先として、中高年人材活用についても、豊富な経験に基づく事例などを紹介します。

<特典>
参加者の方全員に、プロジェクトマネジメントとしての謝罪の仕組みを解説した、「謝罪の作法」(ディスカヴァー21社刊。税込1,080円)をプレゼントいたします。

【参加対象者】
・店舗経営者&管理者
・組織の責任者&管理部門担当者
・店舗を立ち上げようという起業家
・流通,小売,外食,サービス業に従事する方、関わる方

【期待できる効果】
・ストアトラブル全般への留意点の確認
・スタッフ獲得&教育における新たな視点の発見

【定員】
40人

【講師】
株式会社RMロンドンパートナーズ代表取締役社長/人事コンサルタント
増沢隆太
人事コンサルティングの株式会社RMロンドンパートナーズ代表取締役社長。
ロンドン大学大学院修士課程修了。(帝国及び海軍史)。英国王立統合軍安全保障研究所会員。日本健康心理学会会員。産業カウンセラー。

コミュニケーション専門家、謝罪に詳しいプロとして、テレビのワイドショーやニュース、新聞、雑誌でコメンテーターとして活躍。著書「謝罪の作法」はプロジェクトマネジメントの視点で組織トラブル対応を語った指南書として話題に。

企業・公共団体・大学などさまざまな場所で講演、コミュニケーション研修やキャリアデザイン研修を行う。
著書「戦略思考で鍛えるコミュ力」(祥伝社)、「戦略的採用実戦マニュアル」(日本法令)、他。

【参加特典】
会場であるナレッジソサエティのシェアオフィス・コワーキングスペースの体験チケットを進呈致します。



Event Timeline
Fri Jul 10, 2015
6:30 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ナレッジソサエティ イベントルーム
Tickets
仮予約

On sale until Jul 8, 2015, 1:33:00 PM

Venue Address
東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア Japan
Organizer
ナレッジソサエティ
532 Followers