Event is FINISHED

柴門ふみ×林真理子 「大人の恋愛白書2015 〜ラブストーリーの巨匠たち、80年代から現代までの東京の男女を語る〜」

『大人のための恋愛ドリル』(新潮文庫)&『中島ハルコの恋愛相談室』(文藝春秋)刊行記念
Description

こんな自由な時代に、恋愛がうまくいかないと嘆く大人が多いのはなぜ?

80年代から現在にいたるまで、東京の男女を徹底的に観察してきた「恋愛の巨匠」たちが、1日限りの恋愛相談室を開業! いまどきの男女が抱える恋の悩みに答えます。

『東京ラブストーリー』や『あすなろ白書』などで一世を風靡し、いまなお『同級生〜人は、三度、恋をする〜』をはじめ多くのラブストーリーを描き続ける漫画家、柴門ふみさん。『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、『不機嫌な果実』『アスクレピオスの愛人』など、その圧倒的な作品と存在感で時代にムーブメントを起こしてきた作家、林真理子さん。柴門さんのエッセイ集『大人のための恋愛ドリル』文庫化と、林さんの新刊『中島ハルコの恋愛相談室』刊行を記念して、プライベートでも親交の深いお二人が、日本の大人たちが「いくつになっても恋愛ベタ」なわけに迫ります! 

また、柴門さんがエッセイ執筆中に出会った「恋のツワモノ」たちの仰天エピソードもご紹介。明日から、もっと自由な気持ちで恋ができる、かも!?

*本イベントでは、皆さんからの恋に関する質問にお答えするコーナーがございます。質問はチケット購入時にお受けいたしますので、ぜひお寄せください(ただし、時間の都合でお答えできないこともありますので、あらかじめご了承ください)。

会場で著書を購入された方を対象に、柴門ふみさん、林真理子さんのサイン会を行う予定です。


*******************************

柴門ふみ (サイモン・フミ)
1957年、徳島県生まれ。お茶の水女子大学卒。1979年漫画家デビュー。若者たちの恋愛をテーマにして『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『同窓生~人は、三度、恋をする~』など多くの作品を発表している。またエッセイ集として『恋愛論』『青春とはなんだかんだ』『大人のための恋愛ドリル』などがある。ペンネームは中学時代からファンであったポール・サイモンに由来している。

撮影:川上尚見


林真理子 (ハヤシ・マリコ)
1954年、山梨県生まれ。1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーになる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を、1995(平成7)年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞を、1998年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞、2013年『アスクレピオスの愛人』で島清恋愛文学賞を受賞。そのほかの著書に『不機嫌な果実』『野心のすすめ』『出好き、ネコ好き、私好き』『大原御幸 帯に生きた家族の物語』『中島ハルコの恋愛相談室』など多数。

※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。

Event Timeline
Wed Jul 15, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000

On sale until Jul 15, 2015, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,161 Followers