Event is FINISHED

マインドフルネス瞑想:精神面に弱さを持つ可能性がある参加者に適応するには

Description
最近、我が国でも、マインドフルネス瞑想の負の面にも議論の目が注がれるようになりました。

しかし、これらの問題をきちんと取り上げ、実践者を支援するために、諸外国で報告されたエビデンスの情報や、実践の上での留意点について、系統的に学べる場は、ほとんどありません。

 そこで、実践者の質を高め、支援するという日本マインドフルライフ協会の設立趣里の使命より、主要メンバーらで、下記の講習会を実施することとしました。


プログラム

13:30-14:00

1.マインドフルネスの原点を確認する

 ・仏教の八正道の中の正見

 ・すでに確立された脳科学の知見との整合性

武田吉康 (日本マインドフルライフ協会 理事長)
  (株)進化計画 代表取締役社長
   


14:00-15:00

2.研究情報のリテラシーと精神医学の基礎

・英語の記事・論文のエビデンス(証拠)としての強さの違い

・英語論文の批判的な読み方とは
  
・マインドフルネス瞑想の効果のメタ・アナリシス
  (セレクトした論文数本を紹介)
  
 ・参加者に頻度が高い精神疾患の基礎症状
 (うつ、CODなどの不安障害、PTSD、解離性障害ほか)


大賀英史 (同 協会 常任理事、博士(医学))
  東京メディカル・マインドフルネス・センター
  日本行動医学会 教育研修委員

(コーヒータイム・名刺交換会)
 

15:30-16:45

3.うつ病の患者にマインドフルネスを教えきた20年の経験から

 大田健次郎 (同協会 理事)

  日本マインドフルネス精神療法協会 理事長

 ・うつ病で苦しむ方に、マインドフルネスをお伝えするにあたって注意してきたこと

 ・してはいけないこと、してもいいこと

 ・実際に治っていた過程の事例とデータ

 ・指導できる人の養成をいてきた中での留意点

 (休憩 個人的な質問など)

17:00-18:00

 偏差や魔境(瞑想により普通でない精神状態になること)に陥らないための身体性を軽視しない実践とは

名古屋勉 (同協会 正会員)
  アクティブ禅 代表


 ・達磨(だるま)の知恵と実践

 ・ボディーワークにおけるマインドフルネスを指導する上での留意点

  (その後、参加者に実際に体験をしていただく)



●講習終了後のソーシャルプログラム

1.東京大学の本郷キャンパス内(三四郎池など)を散策して、ボディーワークなどで学んだことを実践してみます


2.居酒屋での懇親会

 講師と受講者が、講義内容の質疑応答や日ごろの仕事における悩み、相互の交流ほか、忌憚なく話し合う時間です

 なお飲食代は、参加者の各自が実費を負担。


解散予定 (21:00頃)


対象  
・マインドフルネスを用いて指導をしておられる方や、これからしようと考えている方で、下記の方を想定

・医師、臨床心理士、看護職、心理療法家、社会福祉系ほかの専門職
・マインドフルネスを活用してコーチやセラピストとして仕事をされている方

受講料
     22、000円
  (協会の正会員は1万6千円)

  なお、協会への入会は随時受け付けています。
  (年会費5,000円、入会金1,000円)

場所 (株)進化計画 会議室 (新事務所) 参加申し込み者に詳しくお伝えします。

東京メトロ、都営地下鉄 本郷三丁目駅から数分(徒歩)


定員 6名程度

注:チケットは2種類あり、それぞれ6名としているため、合計12名となっていますが、最大で6名程度とし、、少人数のゼミ形式で、みっちりと学び、ディスカッションをしていただきたいと考えています。


講義2で扱う論文

ジョンズ・ホプキンス公衆衛生大学院の大谷先生(元教授)がセレクトしてくださった下記のものを紹介したい(追加や変更あり)。

Dobkin, P. L., & Zhao, Q. (2011). Increased mindfulness - The active component of the mindfulness-based stress reduction program? Complementary Therapies in Clinical Practice, 17, 22-7.

Nyklíček, I., & Kuijpers, K. F. (2008). Effects of mindfulness-based stress reduction intervention on psychological well-being and quality of life: Is increased mindfulness indeed the mechanism? Annals of Behavioral Medicine, 35, 331-40.

Sedlmeier, P., Eberth, J., Schwarz, M., Zimmermann, D., Haarig, F, Jaeger, S., & Kunze, S. (2012). The Psychological effects of meditation: A meta-analysis. Psychological Bulletin, 138, 1139-1171.

新聞記事


Event Timeline
Sat Jun 27, 2015
1:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都文京区本郷三丁目
Tickets
一般 ¥22,000
日本マインドフルライフ協会・正会員 ¥16,000
講義1&講義2 オンライン受講
Venue Address
本郷三丁目 Japan
Organizer
日本マインドフルライフ協会
16 Followers