Event is FINISHED

北方謙三「北方謙三に訊け!――人間であるために必要なもの」

最新作『十字路が見える』刊行記念
Description
男の美学の集大成ともいえる『十字路が見える』の刊行を記念して、音楽に造詣が深く、ライブ会場ではダイブも体験済みの北方謙三さんが「作家的トーク・ライブ」を開催します。

日本を代表するハードボイルド作家であり、既刊四十七巻を超える中国大河小説〝大水滸シリーズ″をはじめ、男たちの熱き人間ドラマを描く歴史作家として熱狂的な支持を集める一方で、「ソープへ行け!」の名回答で一世を風靡した「ホットドッグ・プレス」の青春人生相談「試みの地平線」を連載するなど、その人間的魅力でも読者を虜にし続ける作家・北方謙三さん。

人生をテーマにしたエッセイ集の本作では、好きな映画・音楽、夢中になった車、それらが彩る忘れられない旅を語りながら、結核を抱えて過ごした学生時代、読まれない原稿だけを書き続けた二十代、新たな可能性に挑んだ三十代……今の姿からは想像できない屈折した青春時代のエピソードの数々も披露しています。いくつもの十字路を超えてきたからこそ語れる、人生の愉しみ方とは――。

参加者のみなさまからは、あらかじめ北方さんに聞いてみたい質問をお寄せいただきます。

(時間の都合でお答えできないこともありますので、あらかじめご了承ください。)

あなたの人生のギモンを、北方さんがライブで一刀両断!


*******************************

北方謙三(きたかた・けんぞう)

1947(昭和22)年、佐賀県生れ。中央大学卒業後、1970年に『明るい街へ』でデビュー。1981年の『弔鐘はるかなり』で脚光を浴び、1983年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。1984年に『檻』で日本冒険小説協会大賞、1985年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。1989年から歴史小説にも挑み、1991年『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞を受賞。2007年、『独り群せず』で舟橋聖一文学賞を受賞。2010年、日本ミステリー文学大賞受賞。2011年、『楊令伝』全15巻で毎日出版文化賞を受賞。2013年、紫綬褒章を受章する。


※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。

Event Timeline
Updates
  • タイトル は 北方謙三「北方謙三に訊け!――人間であるために必要なもの」 に変更されました。 Diff 2015-06-27 01:16:40
Wed Jul 8, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000

On sale until Jul 8, 2015, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,163 Followers