Event is FINISHED

シンポジウム―声の時代のヴォイストレーニング―

Vocal Arts Theater No.5
Description

年に一度の“声とことばの祭典” Vocal Arts Theater。

5回目となる今回は、「ヴォイストレーニング」がテーマのシンポジウムです。


日本では数少ない「スピーチライター」として活躍中の蔭山洋介さんをゲストに迎え、

「声とことばの磯貝メソッド」創案者であり音声言語指導・研究者の磯貝靖洋との対談、

聞けない日本人、を切り口に今の日本を考える公開ディスカッション、

ヴォイストレーニングの実際の現場をお見せするエキシビションの3部構成となります。


声は生まれつきのものだから変わらない、という思い込みをお持ちではないでしょうか。

実際には、声は変わります。研けば必ず良くなります。

ヴォイストレーニングは、ミュージシャンや俳優だけのためのものではありません。

ただ客席から眺めるだけでなく、思わず自分も声が出したくなる、

そんな楽しいシンポジウムを作ります。



【開催概要】

 201574日(土) 開演14:00(開場13:30)

 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟小ホール

 入場料 1,000円(事前決済のみ)


[1] Dialogue 「スマホ時代の声とことば」

    蔭山洋介( スピーチライター、株式会社コムニス代表取締役

    磯貝靖洋( 音声言語研究・指導者、Vocal Arts Service Center代表


[2] いまの日本を考えるForum 「聞けない日本人」

    青島恭子 安藤敏彦 伊藤富士子 蔭山佑次 菅家ゆかり 角屋崇 札辻静美


[3] Exhibition 「ヴォイストレーニングの現場」

    ナビゲーター 館林敦士  アシスタント 伊藤千恵


    1. ヴォイストレーニングの歴史、日本での理解

    2. 「声とことばの磯貝メソッド」のヴォイストレーニングの現場

      身体法、呼吸法、発声共鳴法、母音調音法、活舌調音法、アクセント法、
      話し方、歌発声法



<プロフィール>


蔭山 洋介

1980年兵庫県生まれ。元文学座演出家故荒川哲夫に師事。大学在籍中、音響物理学、音声学、心理学を学び、大学院より米イリノイ大学へ派遣留学、Speech and hearing Scienceと演劇を学ぶ。近年、首都大学東京教授 社会学者 宮台真司の私塾に参加。現在、パブリックスピーキングやブランド戦略を裏から支えるブレーンとして活動している。クライアントに、東証一部上場企業経営者、中小ベンチャー企業経営者、フリーランスの講師、公益法人のトップなど、リーダー層を多く持つ。
著書に『パブリックスピーキング 人を動かすコミュニケーション術』(NTT出版)、『スピーチライター 言葉で世界を変える仕事』(KADOKAWA)。


磯貝 靖洋

声とことばの磯貝メソッド主宰。音声言語指導・研究者。音楽指導者、舞台演出家。1970 年より舞台演出(オペラ、演劇、ミュージカル)と並行し、舞台表現者の音声研究を行う。1977 年、VASC の前身であるオペラ・ワークショップ(OWS)を設立。声楽家、ミュージカル俳優、演劇俳優、声優など幅広いジャンルに渡り音声・言語指導を重ね、その指導件数は全国で10,000 件を超える。2000 年、その蓄積を基に「声とことばの磯貝メソッド」を創案。東京の他、全国6カ所(札幌、仙台、新潟、金沢、大阪、広島)で「磯貝メソッド地方塾」を開催。また、障害者、高齢者の音声言語指導も行っている。日本音声学会会員。

Event Timeline
Sat Jul 4, 2015
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟小ホール
Tickets
一般 ¥1,000

On sale until Jul 4, 2015, 12:00:00 PM

Venue Address
東京都渋谷区代々木神園町3-1 Japan
Directions
小田急線 参宮橋駅下車徒歩8分/東京メトロ千代田線 代々木公園駅下車徒歩10分
Organizer
声とことばの磯貝メソッド
15 Followers