Event is FINISHED

ゲームコミュニティサミット2015

ゲーム開発系コミュニティが恵比寿に集結
Description

概要

ゲームコミュニティサミット2015はゲーム開発者コミュニティ&勉強会が集結する、合同勉強会イベントです。第4回目となる本年は「凝縮」をテーマに原点回帰。1コマ30分~150分で実施されるさまざまなワークショップやラウンドテーブルなどが集まった「ワークショップ横丁」など、新たな取り組みも実施します。

主催:ゲームコミュニティサミット2015実行委員会【公式サイト

  (入金処理の関係上、Peatix上ではIGDA日本で集金管理します)

協賛:OPTPiX SpriteStudio (株式会社ウェブテクノロジ・コム)

   株式会社モノビット

   株式会社マッチロック

協力:GTMF

一般参加者数:150

会場:エビススバルビルEBiS303 カンファレンススペース

   (東京都渋谷区恵比寿1-20-8

日時:74() 10:0017:30(開場:9:30) 懇親会 18:3020:30

懇親会会場:後日Peatixからのメールでご案内します。

ハッシュタグ  #GameCS2015


注意

・「セミナー参加費」チケットと、「セミナー+懇親会参加費」チケットは、どちらか1枚のみをお選びください。

・アンケート項目の中で「参加経験のあるコミュニティ」がない場合は、いずれかを選択の上で、「運営にひとこと」覧でその旨をお書きください(ミスです)

・お一人で複数枚のチケットを購入するのはご遠慮ください。

・館内は禁煙です。

・お弁当、パン類、ペットボトルなどでの飲食が可能です。会場フロア直結のエレベーターの数が限られているため、持ち込みを歓迎します。

・事前にPeatixの専用アプリをスマホにインストールするか、案内メールよりチケット相当の二次元バーコードを印刷のうえ、持参ください。

Android端末はこちら】【iOS端末はこちら


タイムテーブル

講演

10:00-10:15
オープニング

10:30-11:30
GamePM「マネジメントとツールのお話」これまでプロジェクトやマネジメントの効率化の為、色々なツールを導入してきました。この講演では、とあるコンシューマ案件を例に、Hansoft(マネジメントツール)、Jenkins(CIツール)Confluence(Wikiツール)などを使ってどの様にプロジェクトを回しているかを、お話したいと思います
UNITYでMMDを動かす会「3Dフォーマットの現状――脱FBXをどうやって実現するか?」Autodesk FBXは3Dフォーマットの業界標準でありながら,制作環境ごとに互換性がなかったり,データ交換にノウハウが必要など,業務に使用する上で様々な問題を引き起こしています.一方で,MikuMikuDanceのフォーマットにはPMDとPMXがあり,前者は表現力が足りず,後者は商用での利用が(限定的に)不可能です.これら3Dフォーマットを俯瞰することで,将来的にどのようなフォーマットが必要とされているのか議論します

12:30-13:30
おうちハック同好会「やろうぜ!おうちハック」自分の家をハックして楽しんでいる人たちの自慢の作品紹介。 ハッカソンのアナウンスもあります
ゲーム業界コミュニティ「(準備中)」講演者:川村泰久

13:50-14:50
HDIfes「1.HDIfes活動紹介 2.『UX』について、今は各業界(ゲーム、ゲーム以外)でどうなってる?」1.HDIfes活動紹介:過去5回の開催内容振り返り、各業界の共通点、業界ごとの工夫など 2.「UX」について、今は各業界(ゲーム、ゲーム以外)でどうなってる?:元々、UXとは呼ばずにユーザー(プレイヤー)の体験を考えてきたゲーム業界に対して、バズワードとしてUXが広まった業界もあり、UXと言うものの捉え方がどうなったのかについて
NPO法人IGDA日本「フランスVR事情」欧州最大級のVR学会Laval Virtualや現地スタジオなどの視察からVRにおけるフランスの特異性と可能性について考察します

15:10-16:10
日本デジタルゲーム学会ゲームメディアSIG「ゲームメディアの歴史と変遷〜過去の研究会そうまとめ」ゲームメディアSIGでは過去6回にわたりゲームメディアの歴史や広がりについて当事者をゲストスピーカーにお呼びしつつ、さまざまな議論や考察を続けてきました。本講演ではその内容を整理してお伝えすると共に、ゲームメディアが抱える課題や可能性について議論します
GTMF「アプリ・ゲーム開発用ツール・ミドルウェアの祭典 GTMF」GTMFというイベントの紹介と運営委員会が担う役割についてご紹介し、その後、GTMF参加企業であるマッチロック社とモノビット社のセッションを行います。■マッチロック社「BISHAMON v1.8 最新事情」最適化が過去最高の状況で、エフェクトデザイナーが持つポテンシャルが更に高いレベルで活かせる土台となりました。またUnity5の対応や、スマホ向けの最新事情についてご紹介します。■モノビット社「本格的なリアルタイム通信オンラインゲームサーバの制作技法」Unityとリアルタイム通信エンジンを使って、Linuxサーバで動作する本格的なオンラインゲームサーバの作り方を解説します

16:30-17:30
NPO法人IGDA日本「リモートワークで働くと言うこと〜ゲーム業界のQOLについて考える」地方在住でリモートワークをしているゲーム開発者に現状や可能性、工夫していることなどについて講演してもらいます(Skypeビデオによる講演です)
ゲームサーバ勉強会「Google BigQueryを使ってみて」Google BigQueryを実際に使う際までの組み込み部分をメインにクエリの実行方法なども交えてお話しする予定です 時間が余った際には、お越し頂いた方を交えてディスカッションを行えればと思っております

ワークショップ横丁

09:30-12:00
NPO法人IGDA日本Student-TF「ゲーム業界で働くと言うこと」体験時間20分、随時途中参加可能。ゲーム業界志望の学生を対象とした業界ラウンドテーブルです。学生に突っ込みを入れたいプロの開発者も歓迎です
POStudy「ワクワク感を作り出す『共感』『遊び心』『物語』」体験時間20分、随時途中参加可能、途中離脱可能。人を熱狂させて、購買させ、虜にする仕組みについて、ワークショップを通して学びませんか?
芝浦工業大学工学部大倉研究室「触覚提示とKinectを利用した視覚障碍者向けゲーム」体験時間15分から20分、随時参加可能。触覚提示とKinectを利用した視覚障碍者向けゲームシステムを製作した、視覚障碍者を対象としたフェアに出展し、好評を博しているが、目の見える人にも楽しめるユニバーサルデザインとなっている。このゲームは、触覚デバイスの振動とそれに対応する動作を記憶して、振動に合わせて動作を行い得点を得るゲーム内容となっている。現在、10代から20代を対象とした比較的難易度の高いバージョンと、年齢の高い方を対象とした難易度の低いバージョンを用意している
マッチロック「エフェクト制作ワークショップ」事前予約制、体験時間2時間半。最新版 BISHAMON Personal v1.8 の新機能を活用したワークショップです。課題をいくつか用意しております。時間内に課題をクリアした上で、最も「後藤の心を動かすエフェクト」を作った方には「BISHAMONゲームエフェクトデザインレシピ」本をプレゼント予定!!参加希望の方は「エフェクト制作ワークショップ参加者募集!よりご応募ください。(条件:BISHAMON Personal v1.8 をインストールしたPCをご持参ください)

12:00-14:30
IMAGIRE DAY「ゴールデン・マンダラ・シンキング~新年の抱負の三日坊主からの卒業、もしくは堅実な目標設定の手法~」体験時間15分から60分、随時参加可能。今回は、生活のスタンスを見つめ直すワークショップです。 「優れたリーダーが行動を促すリーダーシップの方法」として、「ゴールデンサークル」というフレームワークが知られています。これは、やりたいことを実現するための行動決定に有用な考え方です。しかしながら、チームでの合意形成に用いるには1つのストーリーを説明すればよいものの、実際にストーリーを組み立てるにはどうすれば良いかという問いには答えてくれません。 一方、マンダラ思考が、アイデア発想のツールの一つとして知られています。特に階層構造を持って考えが指数関数的に広がることが特徴です。ただし、この反復による思考の深化のシステムは、自由度の高さゆえに使い方のテンプレートによって思考結果が変わります。 今回は、マンダラ思考にゴールデンサークルの考え方をあてはめて、3日坊主で終わる夢を追いかけるお手伝いができればと思います。 軽く見えますが、経営計画策定や業務での目標設定にも組み込める手法です
MakersPOST「耳と触覚を使った見えなくても遊べるデジタルゲームの可能性」体験時間10分、随時参加可能。視覚障害者も楽しめるゲームの可能性ということで昨年は音を使った壺形ボードゲームのご紹介をしました。今年は視覚障害者も楽しめるデジタルゲームの可能性を提示したいと思います。具体的には、視覚障害者用のデバイスで点字PCという、点字が浮き出るPCがあります。この点字PCで開発を予定しているパズルゲームの試作をお見せします。併せて、全盲のゲーム開発者が開発した見えなくても遊べるゲームを数点、試遊できるようにします。ゲームの表現手段として様々なアプローチが過去に取られてきましたが、あえて「見る」という感覚を塞ぐことで広がる可能性もあるでしょう。ぜひ体験してみてください
GameVFX Roundtable「ゲームエフェクトを濃いめに語ろう2015」事前予約制。ゲームにおけるエフェクト制作時の様々なトピックを語り合う場です。 会場の都合で参加者数上限が少ないため、比較的絞った範囲での話と考えており、今回は「主にコンソール寄りの現場で働く方むけ」を予定しています。特設ページを確認頂いた上でご予約下さい。(※もしこちらを目的にGCSチケットの購入を考えている方は、事前予約が確認できてからをお勧めします)
モノビットUnityでリアルタイム通信アクションゲームを60分で完成させよう!事前予約制、12:15~13:15と13:30~14:30の2回実施。Unityで、本格的なリアルタイム通信アクションゲームを60分で完成させます。ご興味ある方は、是非ご参加ください!※準備頂くものや注意点などは予約ページをご確認ください

14:30-17:00
おうちハック同好会体験しようおうちハック」体験時間5分から10分、随時参加可能。家電エミュレータを用いたブラウザからの家電操作体験です。Unityからの操作デモも展示予定。自宅のハックの相談や、ハッカソン開催相談なども
ゲーム業界コミュニティ「(準備中)」ボードゲーム体験会を予定
スクラム道ゲーム制作でのユーザーストーリーマッピング入門」体験時間15分から150分、随時参加可能。ユーザーストーリーマッピングという、特にソフトウェアを作る初期段階で制作する物を取りまとめる際の強力なツールがあります。今回は、ゲーム制作に関係したユーザーストーリーマッピングのワークに挑戦してもらうことで、ゲームを開発していく上でのツールの一つとしての、ユーザーストーリーマッピングを体感していただこうと思います
OPTPiX SpriteStudio「OPTPiX SpriteStudio 勉強会 GCS出張版」
14:30〜15:00実演デモ、15:00〜16:30SpriteStudio初心者向け出張勉強会、16:30〜17:00相談会。超汎用2Dアニメーションツール『OPTPiX SpriteStudio』 普段はウェブテクノロジ社内で行っているデザイナーさん向け勉強会を、GCSに合わせて『出張版』として開催いたします。 SpriteStudio を触り始めた初心者さんはもちろん、丁度さわろうかなーと思っていた方、更には『何それ?』くらいの方も、どしどしご参加下さい。 ※事前に、ご自身のノートPCに"OPTPiX SpriteStudio for Indie"をインストールしてご参加いただけると助かりますが、全く無くても全然平気です


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-07-02 03:10:17
More updates
Sat Jul 4, 2015
10:00 AM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
EBiS303
Tickets
セミナー参加費 ¥2,000
セミナー+懇親会参加費 ¥5,000
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿1-20-8 Japan
Directions
JR恵比寿駅徒歩10分
Organizer
NPO法人IGDA日本
915 Followers