Event is FINISHED

リラクゼーションの極意

アーユルヴェーダでセルフケア「日常で一番大切な休息編」
Description
現代で一番後回しにされてるけど、あらゆる疾患の予防と治療に効く「休息」。
休む。眠る。心安らかにする。
たったこれだけで、元気度アップ。仕事の効率アップ。モノの見方に幅が出て、寛容になり、人付き合いも楽になる。

今回の会場は、三方を水に囲まれた和の空間、清澄庭園・涼亭。

このワークショップでは、ヨガと呼吸法のセッションを通して、
  リラックスとは何なのかを知り
  なぜリラックスすることがストレスや様々な疾患の予防に効くのか
  日常生活の中でできる「効き目のある」リラックスの仕方
について学び、体感します。

アーユルヴェーダが目指すのは、
自分自身のかかりつけのお医者さんになること

ワークショップを体験しながら、今の自分を見つめる時間を持ち、
今までの自分のライフスタイルをふと振り返ってみる。

自分がなぜ今の状態になっているのか、気づく方法を身につけると
自分の状態をより正確にとらえることができるようになります。
そうすると、解決方法が自然と見えて来ます。

その「作業」の繰り返しで、誰でも生き方上手になります。

その秘密をリラクゼーションの中に見出すことが出来るのです。


ワークショップは2時間。
身体だけでなく、心も休める習慣づくりのきっかけがココに。


ヨガ・アーユルヴェーダは柔軟体操ではありません。
カラダが硬い人も臆せずどうぞ参加してみて下さい。
ヨガが初めての人のためにデザインされたカリキュラムです。
どなたでも大歓迎です♪


【講師紹介】
<石原来美プロフィール>
ニーマルヨガの創始者、ニーマル・ラージ・ギャワリ氏に師事。日本でニーマルヨガの普及に努める傍ら、古来からの師弟関係を通じての伝承にてアーユルヴェーダを学ぶ。

師の下を巣立った後は、たった一通のメールから実現したミッドタウンの「パークヨガ」や、ヨガのチャリティ基金「ヨガエイド」の日本大使を務める中で、ヨガのさまざまな流派をつなげる役割を果たす。また、ヨガに音楽とダンスの要素を合わせた「ヨガレイブ」日本版、椅子に座ったままできる「座ヨガ」などの新機軸のコンテンツ開発で、ヨガ人口のすそ野を広げる活動にも熱心に取り組む。

10月初には、白一色に着飾り公共の場でフラッシュモブ的に催すディナーパーティー「ディネ・アン・ブラン」の日本初上陸を実現させるなど、ヨガ界内外でヨガ(「つなぐ」の意)な生き方を貫いている。
http://oishiinomad.com/

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-11-11 00:53:48
More updates
Sat Nov 21, 2015
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
1121 リラクゼーションの極意 3000円現地支払
Venue Address
東京都江東区清澄3-3-9 Japan
Directions
半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河駅」より徒歩5分
Organizer
つなぐひと  石原来美
339 Followers