Event is FINISHED

第61回オトナの政治経済

Description
【参加費の全額をネパール支援のために使わせて頂きます。】
ネパールでの地震で被害にあわれた方々に心よりお悔やみ申し上げるとともに、
very50として今後できることを協議してまいります。
その一部として、本講座の参加費全額をネパール支援のための活動費に使わせて頂くことになりました。

◆第61回オトナの政治経済

国内外問わず社会で起きている様々な政治経済の動きから

(1)現在の事象のニュースでは分からない情報分析
(2)その情報の意味合いとモノの考え方
(3)未来に対して「自分ならどうするか?」という当事者意識を持ち未来への“問いかけ“

これら1~3を通して「思考停止をしない」訓練をするのがこの講座の狙いです。

皆さんがどのような”Story"を描くにしても必要不可欠な 「世界はどうなっているのか?」「どうなっていくのか?」
という基本的な現状を知り、自分のStory makingに大いに役立ててもらう講義です。

また今回は、最初の1時間はMoGerの軌跡を見ながら、新興国のゴミ処理問題とコミュニティーの活性化についての講義を行います。



【オトナの政治経済で扱うニュースとは?】
(1) 日本のニュースなどでは出てこない世界のニュース
(2) 皆の生活に関わってくる情報(Website,ニュース、雑誌など)
(3) 社会の今後の動向が見えてくるようなヒントになるニュース


教材:当日資料を配布いたします。    
*最もホットで”知っておくべき”情報をお届けするため内容が変更する場合があります。

過去の議事録はこちら:http://urx2.nu/gKU8



【期待される学習成果】
(1)無知 → 常識への変化
   “知らなかった“を”知っている“(知識としてのinput)に変える。
(2)無関心 → 関心事項
   周囲に起きている事件が自分の生活や仕事に如何に影響があるかを知り興味が出てくる。
(3)無責任/無論理思考 → 責任感/論理思考
   ニュースに対する見方が、これまでは「ただ見ているだけ」だったのが、
   「自分で気づき解決法を考える&動きたくなる」(output)に変える。



参加人数が定数に満たない場合は開催を中止する場合がありますので予めご了承下さい。
その場合は開催3日前までにお知らせ致します。

講師/パネラー/ゲスト

菅谷亮介 (Ryosuke Sugaya)
1979年 東京都生まれ。very50代表理事。
  
高校生時に大手音楽会社主催のオーディションに合格し   
プロのkeyboardistとしてエンターテイメント業界に携わる。   
大学に進学後は、学業と音楽の仕事の傍らカンボジアを中心に   
世界中の医療分野における国際協力に奔走。   
その後、大学卒業と同時に音楽を仕事として続けることをやめ   
自動車関連、コンサル業界等の会社勤務を経て07年末に退職。   
  
その後、約6か月間、メキシコ、米国の社会事業を取り扱う起業家のもとで   
実務を伴うbusiness plannerとして修行。   
  
08年6月より日本と世界の問題を教育の力で解決をする仕組みを作るために   
very50を起ち上げ世界中(主にアジア)で様々なプロジェクトを手掛ける。   
  
趣味:音楽制作/映画鑑賞/旅/サッカー/ランニング   
モットー:過去の実績や経歴よりも今と未来のジブンが全て   
  
●英国外務省のBritish Council Asia Climate change leader選出
●インドネシア Binus University Guest lecturer
Event Timeline
Sat May 23, 2015
5:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
社会人 ¥3,500
学生 ¥2,000
Venue Address
〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目9−13 K―18かんべ土地 Japan
Organizer
NPO法人very50
149 Followers