Event is FINISHED

【日程変更】読書会型ワークショップ: 本気でValue Proposition Design! 6月会

組織内イノベーター向けRead For Action特別編 兼 BMIAイノベーション読書会
Description

【変更 6/12(金) 18:45-21:30】となりました!

ご注意ください・・・


本は読まずに持ってくるだけ、あとは手ブラでお越しください!

今回もリアルなネタを元に、本気ワークします
泡は、質問し放題の交流会で(笑)

----------------------------------------------
顧客が共感する”価値”をデザインしよう
〜Read For Action読書会+特別ワークショップ〜6月会!

本気でValue Proposition Design!

---------------------------------------------

あなたのお客様は、どうして
あなたの商品・サービスを選ぶのでしょう?

答えがスグに思い浮かばない東京周辺のあなた、
今すぐに、スケジュールを確認して
6/12(金)の夜をブロックしてください!

本書を読み解き、顧客価値を深堀りすることを
強く”オススメ”します・・・でも、
一人でやるのは大変(泣)ですよね

ならば、参加者の皆さんと一緒に
お客様になりきって、共感を生み出し
提案できる「価値」をデザインしてみませんか?


Read For Action〜行動のための読書】

は、問題解決のロジックを学ぶセミナーでもなければ、課題に対して答えを出すだけの会でもありません

目的はあくまでも“行動”!課題の解決方法を見つけ出し、具体的な行動へとつながる読書会です

集まった皆で一冊の本を読み解き、極めて短時間でエッセンスを吸収しながら、学びを重層化していきますヨ

今回の選書は、日本語版4/17発刊と共に大好評の「バリュー・プロポジション・デザイン

?
?
?
日本人の我々には、馴染みのない言葉ですが
近年のイノベーションにおいて、
製品やサービス以上に重要視されている「価値」のことです


原書は2014年10月に発刊され、いきなり、全世界40ヶ所以上で
出版記念ワークショップ(日本でも!)が開催される大ブームを巻き起こしています

(当方らも日本で開催:http://bit.ly/1p2d07N


顧客が共感する価値の生み出し方、そして届け方について、詳細に描かれた
究極の"事業創造マニュアル"を紐解くために一人で悶々と考えるよりも、

参加者の皆で、知恵を出し合って、一気に学びを深めませんか?





社内でやってみようともがいても、もがいても・・・上手くいく保証はありませんよね(泣)
そう簡単に出来る訳ないよ・・・(絶句)

はい、だったら、まずは失敗しても良いこの場で、挑戦しませんか?

読み解いたばかりの本書をそのまま用いて、ご自身のサービス・製品について、他の方に聞いて頂きながら、本気で価値を創造し、仮説検証しましょう

勿論、成功に向けて真剣に進めます





仮に失敗があっても、この日に売上が落ちたり、降格することはありません

あなたのビジネスやキャリアには何の影響もないのです


そこから何を学べるか?

それが、今回ご提供する最大の”Value Proposition”なのです


----------------------------------------------
顧客が共感する”価値”をデザインしよう
〜Read For Action読書会+特別ワークショップ〜6月会!

本気でValue Proposition Design!

----------------------------------------------

日時(変更しました): 2015年6月12日(金)

18:45開場 19:00 開始〜21:45頃 終了予定

於: 青山一丁目駅すぐ(お申込みされた方へお伝えします)

定員: 先着10

持ち物: 課題図書・・・必ずお持ちください
「バリュー・プロポジション・デザイン」(翔泳社刊)
http://amzn.to/1zJi0Nc

あとは手ブラで!(任意で付箋、カラーペン等お持ち頂くのはWELCOMEです)


【内容】
18:45- Warm Up / Introduction
19:00- ブロックを用いてのバリュープロポジションキャンバス実践ワークショップ スタート
20:15- Read For Action読書会 スタート
21:30- 本日の振り返り
21:45- 質問し放題の、泡の会へ!

(会場の使用状況により、振り返りからは、場所を変えて泡の会と一緒になる可能性がありますので、ご了承くださいm( _ _)m



【参加条件】以下にご同意頂き、参加をご検討下さい。
1. 今回の進行の模様は全て動画収録致します(山本伸の & Read For Action & LSP®のPR用)。顔出しが絶対NGの方は参加をご遠慮ください。

2. 書籍を事前に読まないで来てOKです。従来の本の読み方とは異なる、新しい「加速共創学習法」により、短時間で皆さんの気付きと学びを重層化します。

3. 本会は問題解決の場ではありません。非日常的な空間で、いつもと違う人と対話しながら、少々遊び心を持って新たな気付きや学びを体感覚に落とし込み、持ち帰って頂くことが目的です。

4. 会の終了後、質問し放題の交流会(1時間程度)を実施する予定です。ご都合が許す限り、ご参加ください(必須ではありませんが、読書会直後の振り返りは、会場の都合上、 泡の会にて実施する可能性があります。予めご了承ください。)。

5. この会は1回で終了しません。参加者各々のアイディアを共有しながら、皆さんもVPDを組織内で使いこなせるようになるために、交流します。基本的には必須参加です(オンライン・オフライン)。既に関東で20名のFBグループを結成し、本気の実践会も開始しています。



【参加費】初めてご参加の方 ¥21,600
※山本伸をご存知の方・・・本書のどこかに、山本伸の姿 & 名前の掲載があります。
そのページ(のどちらか)のページ番号(例:200)が
大幅割引コードになっています。

リピーターの方、BMIA会員/Read For Action読書会ファシリテーター/LSP®ファシリテーターの方、ご優待価格 ¥3,240


---------------------------------------------

組織内イノベーター養成家/プロフェッショナル・ファシリテーター

山本伸(やまもと・しん)1972年静岡県生まれ

組織内の立場を完全フラット化し、たった2分で新規事業を生み出すビジュアル「共通言語」の専門家。延べ2,500人のワークショップ参加者と共に「理念・ビジョンの可視化・立体化」「行動に繋げる会議ファシリテーション」を構築。

ビジネスモデルジェネレーションに出会い衝撃を受け、来日を直談判するためローザンヌの原著者の元に出向いた2013年2月がキャリアのターニングポイント。現在は医療法人大誠会グループの組織活性化に取り組みながら、組織内イノベーター育成プログラムを開発・提供している。

自身のキャリアや人生の選択の節目において、多数の尊敬してやまない医療人・研究者にチャンスやキッカケを頂いたことから、彼らを元気にし最高の状態にすることが、ささやかな恩返しであり、我々市民が安心して、スバラシイ介護医療を享受出来る、と信じている。

2014年7月、一般社団法人ビジネスモデル・イノベーション協会を設立、理事として参画。スイス・米国在住経験、外資系バイオ・医療機器15年の経験と広範囲なヘルスケア業界の人脈を活かし、医療機器の開発薬事戦略を含むヘルスケア・イノベーションも支援している。

達成したいビジョンは「老若男女誰もが失敗を恐れず「挑戦を続ける」ことこそが最も賞賛される、健康長寿社会の実現」。

JLL公認シニア・リーディング・ファシリテーターの他、Strategyzer社認定Business Model Canvas国際マスター、レゴ®シリアスプレイ®メソッド公認ファシリテーター、エンパシーライティング・コーチ、他。


---------------------------------------------

【山本伸のRead For Action読書会へオススメのお言葉!】

前回の本気でValue Proposition Design!5月会(東京07 May, 2015終了)にご参加の方々より・・・この読書会はいかがでしたか?

(期待以上だった)理由・・・一つの本をみんなで読むことで様々な意見が出る。その結果イノベーションが生まれる(中村 英正さん)


(期待以上だった)理由・・・プレゼンが途中で分かりやすく激変した!読書会の途中でビックリするほどプレゼンがうまくなる!(白川竜さん)


(期待以上だった)理由・・・時間の締め切り効果で成果がでるのを体験できました(A.S.さん、女性)

(期待以上だった)理由・・・知と気付きとモチベーションの共有が図れ、組織力向上が期待できること(黒澤千美さん)

(期待以上だった)理由・・・時間内にアウトプットする。しかも相手にわかりやすいように(F.T.さん、男性)

(期待どおり)理由・・・適宜振り返るための材料として、有用と感じます。新しい発想を取り入れる際、大きな力になりそうです(Y.T.さん、女性)


オススメするとしたら、どんなお声がけをしますか?

・世界一受けたい読書会です。これまでの常識を覆すを是非体験してください。(塚本忠行さん)

参加者それぞれの気付きと学びが収斂されていく感じがいいんだよね。(黒澤千美さん)

一緒に頭の体操しに行かない?頭に汗かいた後、泡でも飲みに行こうか^_^(F.T.さん、男性)

熱くて面白い勉強会があるんだけど、興味ある?(Y.T.さん、女性)



前々回の「RFA読書会+実践会:本気でValue Proposition Design!」(東京17 Apr, 2015終了)にご参加の方々より・・・

・ただ知識を得る場ではなく、実践するヒントがあるなと思います。このツールを使って表層化してみたいと思います。さあ、読んでばかりいないで、実践するきっかけを体験してみませんか?(山口浩則さん)


・何かを変えたいという気持ちが強く、そのきっかけが欲しかったため参加しました。色々な人との化学反応がたまりません。何が出てくるか、全く想像できず、でも最終的にはそれなりに「まとまる」のが不思議ですが、終わった後の心地よい疲労感は何とも言えません。回数をこなすことでVPDを自分のものに出来そうです。今後のワークに期待しています!「心地よい疲労感は、会社では味わえない感覚だよ」と周囲を誘いたいです。(N.K.さん、女性)


・VPDを深く理解し、自らの仕事や教育で用いたかったので参加しました。素晴らしい読書方法だと思いました。この方法は、楽しく深く学べました。VPDの活用・教育に活用できそうです。友人を誘うなら「読みたい本について、楽しく深く学べるよ!」(T.I.さん、男性)


・期待の新刊について、いち早く、一人では得られない学びが得られる貴重なイベントだったし、山本伸さんのファシリテーションを盗み見る機会としても、楽しみにして参加させて頂きました。チーム毎に各章を分担して読むやり方は始めて凄く面白かったし、何度やってもレゴを使った自己紹介は面白かったです!!短時間でVPCの適用場面、活用方法がイメージできるレベルになったのは、本当に驚きです!(宮木俊明さん)


・ワクワク感が伝染することで、内なる自分の中から生まれてくる達人に出逢うことができました。これまでと違った問題解決へのアプローチ。見える化されたツールを使うことで、誰にでも使え、そして分かる。欲しい結果につなげる。誰にでもできる読書、一人で読むのも良いです、ならばたくさんの人達で読む読書はどんなものか。これまでと全く違った読書方法です。魔法の読書会!オススメします(塚本忠行さん)


・横長本を読むのが面倒なので、一気に読むためのきっかけにするために参加(^_^;)。ワークを取り入れた読書会をやってみたくなりました。新しい手法を紹介した厚めの本を一気に読んで、使うためのヒントを得る機会になります。(島村さん、男性)


・VPDを読んでみて、手強く感じたし、後輩にCustomerJobs/Pain/Gainの違いを聞かれて答えられなかったので参加。アラウンドテーブル読書法を体験したことが無かったのでありがたかった。まず後輩にCustomerJobs/Pain/Gainの違いを説明することが出来そう。新規事業立ち上げにフル活用したい。周囲にはこう言ってみよう・・・「VPD、凄く人気あるけど、分厚いし1人で読むの大変じゃない?めっちゃ経験豊富なファシリテーターさんがいるから、繋がってた方が良くない?」(E.T.さん、女性)


・Value Proposition Design(VPD)を実務に生かしたいと思っています。全体像をおぼろげながら掴めた感じですが、たくさん読み込み実践する必要性を痛感しました。これでVPDのスタートラインにつけた感じです。まずは、何回もVPD読み込み、一連の流れを頭に入れたいと思います。「一緒に、新事業を立ち上げるヒントを掴みに行こう」と言いたいです。(F.T.さん、男性)



------------------------------------------------------------------

第13回「才能は開ける」特別ワークショップ付(1 May, 2015終了)にご参加の方々より・・・

・とても面白く、参加されていた方も意識が高くとても有意義な時間が過ごせました。( T.M.さん、男性)

・伸さんの読書会に4-5回参加させていただきましたが、よい意味でひとつとして同じ会はありませんね。テーマや参加するメンバーによりダイナミックに場が違ってくる、そんなエネルギーを感じました。( F.T.さん、男性)

・参加するたびに新しい気づきや発見があります。同じ本を読むにしても、人によって刺さった箇所や感じ方が様々であり、まさしくダイバーシティです。それを聞いているだけでも驚きと新鮮さを感じ、それに自分自身が活性化されていることも肌で感じることができました。読書会が終わったころには、体の中に充実感が漲っているような気分でした。( M.K.さん、男性)

・自分を知りそして相手を知ることで、個人並びにチームの欲しい結果を手にすることが可能になる。。(塚本忠行さん)

・質問を明確にして読み始めることで、短時間で得たい情報が得られる。質問の力と重要性を改めて感じました。また、アウトプットするとこで、自分の理解もふかまるなと感じました。読むだけで終わらず、アウトプットするということをして行こうと思いました。( H.S.さん、女性)

・ひとりで読むのとは違った視点で読むことができました。(佐藤一弘さん)

・初体験の方にはハードルが高い部分も有りそうですが、そこを周りで助け合う所も、読書会の一部なんだと感じました!( T.M.さん、男性)

・正直、面白い。全てのビジネス書をこの読み方で読んでみたい。(但田謙太郎さん)


---------------------------------------------

第12回「クリステンセン読破会」(16 Apr, 2015終了)にご参加の方々より・・・

・今自分は、現在の仕事で目指すものが定まらず、今後の進むべき道が見えなくなっているため、この状態を何とかしたいと思い、読書会に参加しようと思いました。読書会に参加することで様々な考え方や価値観を持った人々と接し、新たな気付きや学びを得たり、いつもと違う環境で自分の考えがどれほど通用するものなのかを知りたいと思いました。

(参加してみて・・・)初めて会う人と、あんなにポジティブにたくさん意見を交わせた事に感動しました。仕事内容も年代も考え方も違う人たちと一つのテーマについて検討する事で、普段自分が考えもしなかった意見が出てくる事を実感しました。ああいう環境ってイノベーションが起きやすいんだろうな、と思いました。自分の職場でもダイバーシティな環境づくりをしていきたいと思いました。(中村 英正さん)


・同じテーマでも参加者の経歴、組み合わせの数だけ、創出される答えがちがってくる。。。R4Aの無限の可能性を感じました。それにしても、サポートさんのファシリテーターぶりには感激しました!!ここまでできるのかと。さすが、伸さんのお弟子さんですね^_^

 イノベーションを起こすには、自分の発言が否定されない、他者の意見を尊重する、何を言っても大丈夫という安心安全な場作りの大切さを認識しました。(F.T.さん、男性)


・”本を読んでこない読書会”なのに、”学びを重層化する”?、で、”課題解決の場ではない”??など「え?じゃ、なにするの?どんなことするの?」と強く興味をひかれ、参加したいと思いました。そもそもはイノベーションを起こしたい(なにか新規の事業や価値を創造したい&しなければならない)と考えていましたが、どうにもアイディアが浮かばず、焦る気持ちとか半ばあきらめる気持ちとかでもやもやしていました。なので、”イノベーション”に関係するようなことはいろいろと見聞きしてみようと思っていたところでした。

(参加してみて・・・)読んだというより、欲して探した感覚に近いものでした。なにか直感も使っている感じがしました。学生の頃、時間がないけどレポート提出しなければならないときに、自分に刺さる文章とか、使える感じがする文章を見つけようとしていた感覚を思い出しました。でもこの会のおもしろすごいところは、参加メンバーそれぞれの意見を引出してお互いの意見にのっけたり、まぜたりすることで、その本や作者の想いの濃い部分が浮き彫りになってくるところ、少し違う表現での理解もできるところなどではないかと思いました。こういう会に参加することが、自分の中ではイノベーションでした。とにかく楽しい経験でした。

 もう一度お客様は誰なのか、どんな人か考えてみようと思いました。何に困っているのか、困っていなくても、もっとしてあげられることはないかと心配をしてみようと。そこに、ヒントがあるかもしれないと。すぐに決め手は出てこないかもしれませんが、それでもいいから、まずはそれを社内の何人かで共有し、話し合ってみようと思いました。(黒澤千美さん)


・仕事では接することのない、新しい仲間と意見を交わし、イノベーションについて考えてみたかったため。また、イノベーションという言葉を仕事で見聞きしながらも、今一つ自分の中で咀嚼しきれていない部分があり、その重要性や自分がイノベーターとなるために必要なことを改めて認識したかったのが、参加の動機。

(参加してみて・・・)山本伸さんの読書会は初めての参加であったが、テンポもよく、あっという間の3時間であった。ファシリテーターにより、色々なスタイルの読書会があることを改めて感じると共に、「目的を持って本を読む」ことの重要性を痛感している。

 初めて会い、全くバックグラウンドの異なる人達と共に1つのテーマを深く考えることが出来るのだから、多少なりとも共通項のある社員間であれば、もっと色々と考え、新たなものを生み出していく力があるのでは?と思う。そういう場を待つのではなく自ら提供していければと思っている。(N.K.さん、女性)


・新しい変革を自分で起こしてみたい、と思い参加しました。

(参加してみて・・・ 厳格で難しいイメージが拭いきれなかったクリステンセン教授の本を、みなさんと楽しく解釈することができて、とても勉強になりました。

 変革を起こしたいという思いを言葉で人に伝え、共感て実行に移します!仲間と楽しく本を読むって、新感覚。ひとりで読むより、何倍も学べますヨ!(A.D.さん、女性)


・友人がとても面白いところだ、といって話していた内容に興味をもって参加しました。今のメンバー5人で研鑽していることが新しいビジネスとして動こうとしているけど、メンバー全員がそれをどう作っていくかわからないという課題があります。

(参加してみて・・・)早くて早くてびっくりです。本の内容にあわない自分の言葉からくるイメージでその本をプレゼンすることに、いいのだろうかという思いはありました。

 本という媒体を使って、自分の奥深くにあるヒントを思考で違う形に変えないために純粋なワードをつかむために本読みを早くしているのかなあと思いました。今後、頭の中だけで形作ることではなく、書くことで純粋なヒントを目にみえることをしていくんだろうなぁと感じています。(K.T.さん、女性)


・「クリステンセン読破会」という響きに痺れた。直ぐに参加を決めた。勤める企業で新規事業創出を担当することになったが、何をどの様に進めればいいか分からないので、そのヒントを得ようと参加した。

(参加してみて・・・)若い人の前向きな姿勢に心を打たれた。同い年のファシリテーターの勇姿に「負けないぞ!」と思えた。一回り以上年上の方の学ぶ姿勢に、「自分もこうありたい」と思えた。本を通じた人との出会い、それがReadForActionの大きな魅力。

 参加されてたリーディングファシリテーターの方が、社内で勉強会や読書会をやるのに「2〜3個のチームを回している」と仰っているのを聞いて、「そうか!少人数グループを複数つくればいいのか!?」と組織内で読書会を開催するためのヒントを得ることができた。(新堀高志さん)



---------------------------------------------

第11回:イノベーション、結局何から始めたらいいの?(18 Mar, 2015終了)にご参加の方々より・・・

・ちょっと自分と合わないかなっと、思った人とでも、本を使って間に入れる事により、話しやすい・相手を受け入れやすい、・・・などの効果を感じました。ちょっと自分と合わなそうかなぁっと思った人とでも、何かを間に入れる事によって、距離を縮める事が出来ると思いました。自分もすっきりし、相手もすっきりする。そして、コミュニケーションの輪が広がる。そんな場に参加してみませんか?(小島 健さん)


・同じテーマに共感した仲間でありながら、全く異なるバックボーンを持った人が集まるのが、RFA読書会の魅力だと再認識しました(まさか、17歳の女子高生と話すとは思いませんでした・・・)

伸さんの話の進め方が非常に勉強になりました。会社でのファシリに直ぐ応用できます。ファシリテーションの勉強は、本を読むだけでは出来ないので、実際にプロファシリテーターのお手本を見て、会社で真似してみるのが一番のように感じました。イノベーションを起こすための初期の問題として、「危機感」の共有や「目的」の共有が大切だと学びました。まずは、それをやります。伸さんのファシリのやり方を真似してみます。(新堀高志さん)


・参加者+αの数だけ、気づきに出逢える。頭も心もワクワクな状態で、今までの自分では出てこなかったアイデアにビックリ‼️しました。あたなの心の奥底にいる達人に物申す‼️そろそろ、表舞台に出てきてはどうですか。これまで、裏舞台でしっかり結果を残してきたじゃないですか。あなたもこの会に参加したら本当に自分に出逢える。さぁ‼️今です。(塚本忠行さん)


・キーワードから発想したことはありましたが、思った以上に腹落ちしました。イノベーションを知る第一歩として参加してみては?(N.S.さん)


・こんな学び方があったのか!楽しかった!!同僚との会話に今回の読書会のこと、学んだことを話題にして、少しつづですが、Our Visionをつくっていきます。ちょっと面白い読書会あるんだけど、一緒に行かない?と言って同僚や知人を誘いたい。(F.T.さん)


・場を信頼する、という気持ちで臨んだのは初めてだったので、新鮮な緊張感があった。ゲラゲラ笑いながらイノベーティブなアイデアや問題解決が出来てしまう読書会に行こうよ、と友人を誘います。(A.N.さん)


・「愛」は盲点でした!場づくりにも活かせそうな気づきをありがたく頂戴しました。同時に、過去最高の肚落ち感が爽快です。この会のことを、1人じゃ出来ない勉強法があるよ!と言いたい。(E.T.さん)


---------------------------------------------

第4回:シンプルに伝わるワールド・プレゼンテーション(17 Jun, 2014終了)にご参加の方々より・・・

・実践は、一人ではできないこと。その場に募った方々との対話屋、フィードバックによって、学びが深まると感じました(勝間直行さん)


・みなさんちゃんと自分の抱える問題点と真剣に向き合って、解決方法を導く意欲が非常に高かった。ファシリティの進行方法も社内研修より面白かったです。

 以下の仕事にも応用できるポイントを得ました。

 自分の説明したいことを相手に100%わかってもらうため、ユーモラスなストーリーで語る、相手の立場に立って考える、愛する人に話していると思う、相手の文化背景を考える、自分自身のことを語る(冬 琳琳さん)


---------------------------------------------

第1回:社会起業家として、父親として何ができる?【父性】と10年後の働き方を考える(終了 24 Apr, 2014)にご参加の皆さんより・・・

「自分のカラを破ってみない?」(鈴木孝典さん)

「先ずは参加して!そこから何を得られるのかを、体験してください」(塚本忠行さん)

「次の行動を見つける会」(T.M.さん)

「お酒を飲みながら、楽しく読書して、他の人の意見を効いてとても参考になりました」(T.I.さん)

「ものすごく頭をつかうけど、新しい本の読み方が体験できるよ」(Y.K.さん)

「けっこう時間のプレッシャーがかかるので、そういう頭の体操が好きか、本気で悩んでいるならばオススメ」(S.N.さん)

「多くの本を2時間で読める会」(M.A.さん)

「自分の生活、考え方に変化が欲しい時は、行ってみたら?」(T.O.さん)


---------------------------------------------

【組織内イノベーター向けRead For Actionシリーズ 兼 BMIAイノベーション読書会】

これまでの実績&今後の予定〜2時間半で学び、交流し、実践に繋げよう〜


第1回:社会起業家として、父親として何ができる?【父性】と10年後の働き方を考える(終了 24 Apr, 2014)

https://www.facebook.com/events/611397692283284/


第2回:「リーンアントレプレナー」でビジョンとインパクトをプラニングする(終了 9 May, 2014)

https://www.facebook.com/events/216350415242610/


第3回:クラウドファンディング徹底活用術を身につけよ(終了 28 May, 2014)

https://www.facebook.com/events/303396673150008/


第4回:シンプルに伝え人を動かすワールドクラス・プレゼンテーション(18 Jun, 2014)

https://www.facebook.com/events/637712359649498/


第5回:行動観察とデザイン思考 読書会+実践会(終了 8 Aug, 2014)

https://www.facebook.com/events/1480066342235864/


第6回:たった5つの質問だけで価値を10倍にする「創造的思考法」を身につける読書会+実践会

(終了 20 Aug, 2014)

https://www.facebook.com/events/1460910767499333/


第7回:CEOからDEOへ〜人生を「デザインするリーダー」になる(終了 14 Oct, 2014)

https://www.facebook.com/events/718740628175482/


第8回:自分にも子供にも必要な”究極の創造力”とは?(終了 4 Dec, 2014)

https://www.facebook.com/events/572502709548827/


第9回:ビジネスモデル・ジェネレーション(終了 12 Jan, 2015)

https://www.facebook.com/events/821494061249412/


第10回:世界最高でシンプルなプレゼン創作法(終了 19 Feb, 2015)

https://www.facebook.com/events/1579652362281783


第11回:イノベーション、結局何から始めるの?(終了 18 Mar, 2015)

https://www.facebook.com/events/1437752679850088/


第12回:クリステンセン読破会(終了 16 Apr, 2015)

https://www.facebook.com/events/398267070355742/


特別編:本気でValue Proposition Design(終了 17 Apr, 2015)

https://www.facebook.com/events/1595528164028516/


第13回:才能を開花させる実践会(終了 1 May, 2015)

https://www.facebook.com/events/1419566978349320/


特別編:本気でValue Proposition Design5月会(終了 7 May, 2015)

https://www.facebook.com/events/358875274303798/


第14回:特別コラボ企画「医療×コミュニティデザイン」(修了 19 May, 2015)

https://www.facebook.com/events/403680849803728/


特別編:本気でValue Proposition Design! in 金沢(修了 22 May, 2015)

https://www.facebook.com/events/358875274303798/


第15回:超一流の創業精神をに学び倒す(5 Jun, 2015)

https://www.facebook.com/events/1577660175818827/


特別編:本気でValue Proposition Design!6月会(12 Jun, 2015)

https://www.facebook.com/events/799798353421517/


特別編:本気でValue Proposition Design! in 大阪(23 Jun, 2015)

https://www.facebook.com/events/1650250368541553/

以後、毎月開催予定です。

乞うご期待!

(テーマの順番、書籍は変更になる場合があります。ご了承ください。)

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-06-04 09:23:22
More updates
Thu Jun 11, 2015
6:45 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
青山一丁目駅(お申込みされた方へご連絡します)
Tickets
RFA/LSP/BMIA関係者様 ¥3,240
伸のRFAリピーター価格 ¥3,240
初めての方 ¥21,600
Venue Address
東京都渋谷区南青山 Japan
Directions
青山一丁目駅
Organizer
山本伸
221 Followers