Event is FINISHED

横浜のアートと観光をオープンデータで盛り上げよう!横浜オープンデータソリューション発展委員会設立総会&アイディアミーティング

−ヨコハマ×文化観光×オープンデータ−
Description
2012年12月19日に第1回理事会を行い正式に発足した「横浜オープンデータソリューション発展委員会」。その設立総会と、実際にオープンデータがどのように役に立つかを考えるアイディアミーティングを1月13日(日)に開催します。

今回のテーマは「文化観光×オープンデータ」。

横浜市は文化芸術を軸にした街づくりやシティプロモーションを積極的展開しています。
横浜で生活する人々のクオリティオブライフの向上、インバウンド観光の向上、クリエイティブ産業の創出、これらを目指す上で欠かせないのが街に関するデータの活用です。
こういったテーマに関心を寄せる多様なプレイヤーがデータをシェアし、繋ぎ、自らのアクティビティに活用していくことで、多くの人に横浜の魅力や価値を広く発信し、また、深く知ってもらうことができるはずです。

世界では大英博物館や、EUにおける国を横断した美術情報の流通の取り組み“Europeana”等がオープンデータを実践しており、日本でも公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が世界に先駆けて市内のイベント情報や文化施設情報等、文化芸術に関するデータのオープンデータ化を進めています。
他にはどんなオープンデータが必要でしょうか、それらをどう組み合わせ、どう見せれば良いでしょうか。そんなアイディアをみなさんで一緒に考えるミーティングです。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

横浜オープンデータソリューション発展委員会では今回スタートする文化芸術観光以外のテーマにおいても順次テーマ会を立ち上げ、マルチステークホルダーによる具体的な取り組みを支援していきます。

基調講演には庄司 昌彦氏(国際大学 GLOCOM 主任研究員、横浜オープンデータソリューション発展委員会理事)をお迎えし、また招待講演には横浜市の文化行政のエキスパートとして認められている鬼木和浩氏(横浜市文化観光局)、また公益財団法人横浜市芸術文化振興財団からお話を頂きます。

日時・場所:1月13日(日)14時〜17時半(13時半開場)
みなとみらいホール レセプションルーム
参加費:無料(カンパ制)
懇親会も設ける予定です。

■主催:横浜オープンデータソリューション発展委員会
:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

■お問い合わせ
横浜オープンデータソリューション発展委員会 事務局
TEL:045-664-9009(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ内)

■プログラム(予定)

・オープンデータソリューション発展委員会設立の挨拶

・基調講演「オープンデータと『Do It Ourselves』な社会」 庄司昌彦 氏(国際大学GLOCOM 主任研究員、オープン・ナレッジ・ファウンデーション日本グループ 代表、オープンデータソリューション発展委員会 理事)

・招待講演「文化行政とオープンデータ」 鬼木和浩 氏 (横浜市文化観光局 文化振興課)

・招待講演「横浜アートとオープンデータ」(横浜市芸術文化振興財団)

・ワークショップ

・参加団体・企業紹介/クロージング


<終了後に懇親会も開催します>

※詳細決定次第、随時更新いたします。

<参考リンク>
▽横浜オープンデータソリューション発展委員会facebookページ
http://www.facebook.com/yokohamaopendata
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-01-04 04:16:39
More updates
Sun Jan 13, 2013
2:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
みなとみらいホール 6F レセプションルーム
Tickets
一般
Venue Address
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6 Japan
Organizer
横浜オープンデータソリューション発展委員会
4 Followers