Event is FINISHED

ブルガリアの至宝 ソフィア少年合唱団 来日コンサート

芦屋ルナホール
Description
ブルガリアの至宝 ソフィア少年合唱団 来日コンサート

合唱の国ブルガリアから珠玉の歌声で人々を魅了してやまないソフィア少年合唱団が来日
コンサートを行います。ブルガリア正教の聖歌やフォークロア、さらに現代の世界中の様々なスタイルやジャンルの作品をレパートリーとし、数々の音楽賞を受賞している歌声を日本にお届けします!

皆様お誘い合わせの上お出かけ下さい。

ソフィア少年合唱団とは。

ブルガリア ソフィア少年合唱団
ソフィア少年合唱団は、1968年にブルガリア初の少年合唱団として創立されました。主に8~15歳のソフィア在住の少年達から選ばれました。
1989年より指揮者をつとめているアドリアナ・ブラゴエヴァ女史(Prof.Dr.Adriana  Blagoeva)は、ソフィアの国立音楽アカデミーで合唱指揮を学び、現在、アカデミーの合唱指揮の教授及びブルガリアコーラス協会の副代表でもあります。
1997年11月よりソフィア少年合唱団の卒業生も加わり、大きなグループとなりました。年長者のメンバーも今回一緒に来日します。
合唱団は、数多くの国民的音楽祭に参加し、クリスマスやイースターのコンサートは、ソフィアにおける、ひとつの伝統となっています。
ブルガリア正教の聖歌や、歌い継がれてきた楽しいフォークロア、14世紀から現代にいたるまでの多様な作品、さらにロシア、イギリス、アルゼンチンの曲などもカバーする広いレパートリーを誇っています。また、沢山のブルガリアの著名作曲家が作品を提供してきました。
今日に至るまで、ブルガリア国営ラジオ、テレビが、その演奏を数多く取り上げ、知名度も絶大なものです。
ソフィア少年合唱団の受賞歴のうち最も注目されるのは、何といってもイタリアの伝統あるアレッツォのコンクールにおける少年少女合唱団部門で1位、教会音楽部門で2位、総合でグランプリを受賞したことです。この受賞により、1994年スペインの卜ロサで開催されたヨーロッパグランプリのコンクールにブルガリアから初めて参加する栄誉が与えられました。その後も、自国だけではなく、イタリア、フランス、ロシアなどで毎年のように賞を獲り、演奏旅行もヨーロッパ各地で行なわれています。
今回は、待望の2回目の日本公演となります。

[演奏予定曲目]
<ブルガリアフォークロア>
雪が降る(ネデャルコフ)、おやすみなさい(ハジエフ)、ハタリスの結婚式(リョンデフ)、クケリ(チェルキン)

<世界のうた>
グローリア(ヴィヴァルディ)、アヴェ・マリア(アルカデルト)、オペラ「ルサルカ」より(ダルゴムイシスキー)、ミサ「クリオージャ」よりキリエ、グローリア(アリエル・ラミレス)、ロック・フォア・ファン(マイヤーホーファー)

<日本のうた>
ふるさと(岡野貞一)、赤とんぼ(山田耕筰)、花は咲く(菅野よう子) ほか

Event Timeline
Sun May 31, 2015
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
芦屋ルナホール
Tickets
全席自由 ¥3,500
Venue Address
兵庫県芦屋市業平町8−24 Japan
Organizer
日本ブルガリア協会
1 Follower