Event is FINISHED

開沼博×武田徹 「メディアは福島をどう報じてきたか」 『はじめての福島学』(イースト・プレス)刊行記念

Description

毎年「311」が近づくと、復興の遅ればかりが嘆かれ、報道される福島問題ですが、あえて311前後のメディアの喧騒を離れ、落ち着いて考えたいことがあります。

人口、農林水産業、観光業、復興政策、雇用、家族、避難指示区域……。社会学者の開沼博さんは、このたび福島の問題を総体的に捉えなおした『はじめての福島学』(イースト・プレス)を刊行しました。

震災の風化に伴って関連書籍の売れ行きも低調な中、この本は異例の重版となっています。

今回、トークのゲストに迎えるのは、核や原発については311以前から問題提起し続け、メディアと社会の相関領域を執筆対象にしているジャーナリスト・評論家の武田徹さん。

お二方に、いまそこにある「福島とメディア」の問題を語っていただきます。

開沼博(かいぬま・ひろし)

1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府博士課程在籍。専攻は社会学。現在、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。著書に『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)、『漂白される社会』(ダイヤモンド社)がある。共著に『「原発避難」論―避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(青土社)、『闘う市長―被災地から見えたこの国の真実』(徳間書店)、『1984 フクシマに生まれて』(講談社文庫)など多数。

武田徹(たけだ・とおる)

1958年生まれ。ジャーナリスト・評論家。国際基督教大学教養学部卒、同大学大学院博士課程修了。恵泉女学園大学人文学部教授。メディアと社会の相関領域を主な対象とし、批評的・分析的な同時代ルポルタージュを数多く執筆。『流行人類学クロニクル』(日経BP)でサントリー学芸賞受賞。『増補版 私たちはこうして「原発大国」を選んだ』(中公新書ラクレ)、『殺して忘れる社会 ゼロ年代「高度情報化」のジレンマ』(河出書房新社)、『原発報道とメディア』(講談社現代新書)、『原発論議はなぜ不毛なのか』(中公新書ラクレ)、『暴力的風景論』(新潮選書)など著作多数。


【出演】

開沼博(社会学者)

武田徹(ジャーナリスト・評論家)



【日時】
2015年5月21日(木)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink





Event Timeline
Thu May 21, 2015
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,551 Followers