Event is FINISHED

吉田照幸×高橋栄樹 「“おもしろい仕事”をしている人は、いつも何を考えているのか」  『「おもしろい人」の会話の公式』(SBクリエイティブ)刊行記念

Description

会社の中でも外でも、なぜか「おもしろい仕事」をしている人というのがいます。

社内でも新機軸の仕事をしていたり、着々と自分の方向を見つけて仕事を広げていったり、などなど。

今回は、NHKで「あまちゃん」「サラリーマンNEO」「となりのシムラ」などの監督をし、『「おもしろい人」の会話の公式』の書籍も絶好調の吉田照幸さんと、凸版印刷で、AKBのドキュメンタリーなどを手掛けられているミュージック・ビデオや映画監督の高橋栄樹さんに、「ものづくり」やお仕事の話から、映像の話までおうかがいします。

また、多くの人を動かしていくには、「コミュニケーション」も大事! 書籍に関係して、愛されながら上手に事を進めるコミュニケーション術についても触れていただけたらと思っております。

■出演者のプロフィール

▼吉田照幸 

1969年、福岡県生まれ、山口県育ち。1993NHK入局。NHKエンタープライズ番組開発部エグゼクティブ・プロデューサー。ここ10年でもっともコントを制作している。「のど自慢」「小朝が参りました」などエンターテイメント系の番組を中心に活躍。2004年に「サラリーマンNEO」を企画、以後全シリーズの演出を担当。型破りな番組として人気を博す一方、タニタの社食、Google本社を日本のテレビ番組として初潜入、コントに日産のカルロス・ゴーン氏を引っ張り出すなど、話題となった。2011年には「劇場版サラリーマンNEO()」の脚本・監督を務める。第35回・36回国際エミー賞コメディ部門ノミネート(日本では唯一)。2013年春からは、異例のレンタル移籍で、連続テレビ小説「あまちゃん」の演出を担当。現在、「となりのシムラ」といったコント番組やコメディ、新作ドラマ「洞くつおじさん」を制作中。

▼高橋栄樹

ミュージック・ビデオ監督、映画監督。凸版印刷映像企画部所属。AKB48の楽曲では「大声ダイヤモンド」「10年桜」「涙サプライズ!」「言い訳Maybe」「ポニーテールとシュシュ」「上からマリコ」「ギンガムチェック 高橋栄樹監督ver.」「永遠プレッシャー」など多数。AKBドキュメンタリー映画は2本目からシリーズで担当。『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』 (2012)と『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?(2013)DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?(2015)を監督した。他には ロックバンドTHE YELLOW MONKEYの過酷な1年間のツアーを描いた『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』などがある。MVを手がけたアーティストはTHE YELLOW MONKEY、ゆず、Mr.Children、上戸彩、明和電機など 200名以上。

【出演】

吉田照幸(NHK

高橋栄樹(ミュージック・ビデオ監督、映画監督)


【日時】
2015年4月27日(月)
20:30~22:30 (20:00開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink


Event Timeline
Mon Apr 27, 2015
8:30 PM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,558 Followers