Event is FINISHED

AIT+ARCUS ミングリアス「イン or アウト?移動すること、関わること」

Description
ENGLISH FOLLOWS
-------------------------------------------------------------------------------------------

11月24日開催 / 参加無料・予約不要!】
AIT+ARCUS ミングリアス「イン or アウト?移動すること、関わること」
6カ国から7名のレジデンス・アーティスト&キュレーターを招き、語る、秋の夜


日時:11月24日(土)18:30-21:30
*20:00よりARCUSレジデンス・キュレーターによるミニ・トーク
会場:代官山AITルーム

MINGLIUS WITH ARCUS Part 5 “ IN OR OUT? A Mingling Night with 7 Artists and Curators”
Date and Time: Saturday November 24st,18:30-21:30
*Mini Talk by ARCUS curator in residence from 20:00
Venue: AIT room Daikanyama
*Free Entry/No booking required

http://www.a-i-t.net/ja/future_archives/2012/11/aitarcus-or.php

-------------------------------------------------------------------------------------------
AITとARCUSに滞在している6カ国からのアーティストとキュレーターが集う夜!

AITでは、11月24日(土)にラウンジ・イベント、ミングリアスを開催します。
ミングリアスとは、「混ざり合う」という意味。AITが不定期に開催している入場無料のイベントです。
各回、心地の良い音楽とバーと共に、アーティストやゲスト、参加者が交流を楽しみます。

今年で5回目となる、ARCUSを迎えてのミングリアス。
毎年、ARCUS のレジデンス・プログラムで滞在しているアーティストやスタッフを迎え、交流を行っています。
今回は、現在ARCUS に滞在中の、スウェーデンのバルティック・アート・センターのディレクター、リヴィア・パルディ氏(ハンガリー)を迎え、ARCUSのチーフ・コーディネーターの杉山豪介氏、AITの堀内奈穂子を交え、 ミニ・トークを開催します。
バルティック・アート・センターは、スウェーデンのゴッドランドを拠点に、1999年より活動を開始したアートスペースです。 展覧会やプロジェクトのほか、アーティストおよびキュレーター、ライターのレジデンス・プログラムを実施しています。

当日は、AITとARCUSに滞在中の以下の6名のアーティストも会場に訪れ、交流に加わります。

■ARCUS
・オズギュル・デミルジ(トルコ)
・バスィール・マフムード(パキスタン)
・ユ・ウンジュ(韓国)

■AIT
・サイモン・ガーデンフォース(スウェーデン/IASPIS助成)
・リタ・ヘンセン(ドイツ/アート・スコープ招聘アーティスト)
・ベネディクト・パーテンハイマー(ドイツ/アート・スコープ招聘アーティスト)

6カ国からのアーティストやキュレーターの考えや表現に気軽に触れられる貴重な機会です。
バーでドリンクやスナックを楽しみながら、語らいの時間を楽しんでみませんか?
参加無料ですので、お誘い合わせの上、ぜひお気軽にお立ち寄りください!

[ 概要 ]
日時:11月24日(土)18:30-21:30 *20:00よりミニ・トーク開始
会場:代官山AITルーム(東京都渋谷区猿楽町30-8 ツインビル代官山 B-403)http://www.a-i-t.net/ja/location.php
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:アーカスプロジェクト
参加費:無料
※当日のバーは、MAD修了生の浅井慧さんが行うプロジェクト「ito-hen」が担当します。イベントや季節に合わせたドリンクやフードメニューが楽しめます!(ドリンクとフードは有料)
※本ミングリアスは禁煙のイベントです。
※ご予約の受け付けはいたしません。直接会場へお越しください。

ARCUSのレジデンス・プログラムとは?
茨城県守谷市を拠点に活動しているアーカスプロジェクトでは、1994年からレジデンス・プログラムを運営しています。
今年度は3名の招聘枠(公募)に対して、63ヶ国・地域から337名の応募があり、現代美術分野における若手アーティストの登竜門として国際的に認知されています。
レジデンス・アーティストは守谷市に滞在しながら地域の方々との交流を通し、作品制作やリサーチを行っています。
また、2011年度より、キュレーター/AIRオーガナイザー(1名)を海外から招聘しています。
滞在中のレジデンス・アーティストとキュレーターの略歴はこちら:http://www.arcus-project.com/jp/residence/

AITのレジデンス・プログラムとは?
2003年より開始し、海外や日本の財団と連携し、アーティストやキュレーターの招聘と派遣を行っています。 2012年は、アーティスト10名の再招聘を行い、東京滞在時に制作した作品と帰国後の新作を紹介する展覧会 「ホームアゲイン — Japanを体験した10人のアーティスト」を原美術館で開催しました(11/18まで)。
滞在中のレジデンス・アーティストの略歴はこちら:http://www.a-i-t.net/ja/residency/
_______________________________________

MINGLIUS WITH ARCUS Part 5 “ IN OR OUT? A Mingling Night with 7 Artists and Curators”
*Mini Talk by ARCUS curator in residence from 20:00

We are pleased to welcome the 2012 artists and curator in residence of ARCUS for AIT`s Minglius event on November 24th.
From 20:00, there will be a small talk by the curator, Livia Pa´ldi(director of Baltic Art Center in Visby, Sweden), ARCUS Chief coordinator Gosuke Sugiyama and AIT staff Naoko Horiuchi.
The talk will be translated consecutively into Japanese from English.

ARCUS Project organizes the Artist-in-Residence Program in Moriya, Ibaraki.
Established in 1994, it aims to support promising artists from across the world to engage in creative activities. So far, more than 80 artists have been hosted by the scheme.
In the latest open call for applications, 3 artists were selected from 337 applications from 63 different countries, which shows that ARCUS is attracting a high level of interest from overseas artists. Former resident artists of ARCUS Project are distinguishing themselves in the international art scene, supporting the ambition of ARCUS to be a gateway to the world for young artists.
Recently, ARCUS Project has been inviting curators / AIR organizers via their Visiting Curator Program since 2011.

This year’s artists in residence are:
・O¨zgu¨r Demirci(Turkey)
・Basir Mahmood(Pakistan)
・Eunju Yoo(South Korea)

To know more about them, visit the ARCUS website!
http://www.arcus-project.com/en/residence/

AIT's current residency artists will also be present at the event.
・Simon Gardenfors (Sweden / Supported by IASPIS)
・Rita Hensen (Germany / Art Scope participating artist)
・Benedikt Partenheimer (Germany / Art Scope participating artist)

At the event, there will be a bar, snacks, a relaxed sitting on the floor environment and music as usual.
We look forward to seeing you!

【OUTLINE】
Date: Saturday November 24th, 2012
Time: 18:30-21:30, Mini Talks begin at 20:00
Venue: AIT room Daikanyama [ MAP http://www.a-i-t.net/en/location.php ]
Twin Bldg Daikanyama B403, 30-8 Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0033
Admission: Free *No booking required
※The bar will be run by former MAD student Kei Asai, as part of his art project `itohen`. There will be delicious foods and drinks inspired by the event! (there will be a charge for food/drinks)
※Minglius is a no smoking event. Thanks you for your cooperation in advance!

【CONTACT】
Arts Initiative Tokyo [AIT]
T03-5489-7277 / F03-3780-0266

http://www.a-i-t.net/ja/future_archives/2012/11/aitarcus-or.php

Event Timeline
Sat Nov 24, 2012
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
代官山AITルーム
Tickets
入場無料
Venue Address
東京都渋谷区猿楽町30-8 ツインビル代官山 B-403 Japan
Organizer
NPO法人AIT
11 Followers