Event is FINISHED

ネイティブ・ジャパニーズの暮らし

現代に受け継がれる狩猟・漁撈・採集文化と暮らしの思想
Description

「動植物は生きるための糧。だから取りすぎを戒め分かち合う」。自然に寄り添うように暮らしてきた地方の古老は、都市型ライフスタイルに染まった私たちとは大きく異なる自然観を持っています。どんぐり食の習慣や、各種の狩猟漁撈、蜂遊びなどを例に、今もかろうじて残る列島文化の基層を旅してみましょう。土器や遺跡ではない“縄文”の話です。


<<ゲストスピーカー>>

かくまつとむ氏 [自然系ジャーナリスト]

1960年茨城県生まれ。編集者を経てフリー・ジャーナリスト。自然と人間の関係性を軸に、農山漁村の生活文化、職人の手わざ、地域活性、農業問題、生物多様性、自然教育などの分野で取材・提言活動を続ける。立教大学・同大学院兼任講師。日本エコツーリズムセンター理事。エコセン連続セミナー「教育と刃物」ではコーディネーターを務める。


Event Timeline
Thu Apr 23, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
Tickets
当日払いチケット(500円)飲み物付
Venue Address
東京都渋谷区宇田川町11番5号 Japan
Organizer
日本エコツーリズムセンター
76 Followers