Event is FINISHED

【残席5】【世界のユニークな高等教育に触れてみるシリーズ-2】-フィンランド・チームアカデミー /スウェーデンMSLS (日本語)

チームアカデミーのチーム起業家教育とスウェーデンMSLSの「学習するコミュニティ」運営
Description

ちらのPeatixでお申し込とお振込みを完了していただいた時点で、正式なお申し込みとさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。

→http://peatix.com/event/83705

-----------------------------

【世界のユニークな高等教育に触れてみるシリーズ】始めます。

みなさんこんにちは。お元気ですか。

私はこのところ、日本の教育制度を変えなくちゃ!という話を聞かない日がない毎日を送っています。みなさんのまわりはいかがですか。

確かに「自分がもし若返れたら受けてみたい教育」と「今見たり聞いたりする日本の教育」には大きなギャップが確かにあります。でも、「制度を変える」なんてどうしたらいいか分からないし、恐らくものすごいエネルギーが必要なんだろうと思うと、その途方もない感じに私自身はどうも現実感が持てないでいます。

それなら、制度を外れて自分が受けたい教育をうければいいでは?と思いました。

制度が変わるのを待っていたらあっという間に年を取ってしまって、人生もったいない。面白い教育を受けて、面白い人たちが日本に増え、そういう教育を日本でも受けたいよと心から願うヒトが増えたら、せっかくみんなの税金を使って行う教育制度だって変えて行こう!っていう力になるかもしれません。

そのために自分ができることを考えていたら。

自分の好きな世界の面白いプログラムをその卒業生を通じて紹介する場を作ったらどうか、と思いつきました。日本の制度がだめだと嘆いたり、海外のプログラムをただほめたたえるためでなくて、みなさんの「やってみたい!」「学んでみたい!」を刺激し、挑発する場が作れたらいいなと思っています。

私の好きなプログラムはおおむね、

・社会をよくしたいと願うヒトが集まる場で

・自分を知り、変え、必要なことを学び、実際にやってみる。

という特徴があるように思います。

どのぐらい続けて行けるか分かりませんが、どうぞ応援してください。

第2回目:持続可能な社会をチームで作る

-フィンランド チームアカデミーのチーム起業家教育とスウェーデンMSLSの「学習するコミュニティ」運営

第2回目はフィンランドのユヴァスキュラ大学の起業家教育プログラム「チーム・アカデミー」を卒業したヴィレ・カーラネンをお迎えします。在学時に設立したフィンランドの営利法人、モンキービジネス共同代表。モンキービジネスは、チーム・アカデミープログラムを世界に広げるプロセスを支援したり、クリエイティブ教育を世界の大学に提供したり、ワークショップを行う会社です。

チーム・アカデミーは、とってもファンキーなプログラム。フィンランドが大不況のとき、若者の失業対策のため「普段ならこんなプログラムは、きっと認可が下りなかっただろう」と学長自ら振返る時代背景。MITピーターセンゲ「学習する組織」と日本が誇る野中郁次郎先生の「知識創造」をにインスピレーションを得て作らたプログラムです。

More Action. More Chaos. More Mistakes. More Learning.

など、わくわくする教育のプリンシパルが沢山!

私の留学先のMSLS*とは、やっぱり2010年から交流が始まっています。

MSLSの講師のひとりである、元Volvoヨーロッパ代表のヨーラン・クリステッドはチームアカデミーのアドバイザーもつとめていました。そして、「サステナビリティを取り入れた起業を」とチームアカデミーで話していたとか。

パワフル過ぎで、当時の私にとっては「ちょっとついていけない」感じすらあったチーム・アカデミーギャング。その中の1人が「ん?ちょっとサステナビリティを考えみようか?」という声をあげ、そこから私たちMSLSとチームアカデミーの縁が始まりました。大雪の中真っ白い町ユバスキュラの中に赤く燃えるチームアカデミー。当時、チームアカデミーが排出したもっとも成功した卒業生達の会社モンキービジネスのチームカラーは黄色。いつも黄色いパンツルックのヴィレ。フィンランドってすごい国だと思いました!

ヴィレにはチーム・アカデミーのお話や、そこでの体験をお話していただくのはもちろん、自身の起業家としての経験を振返り、ストーリーテリングをしてもらおうと思っています。

また、ヴィレはこの冬タンザニアの大学でチーム・アカデミー方式でクリエイティビティを教えていました。日本でだってやってほしい!そのストーリーもみなさんと一緒に聴いて行きたいと思います。

当日はもちろん、Fikaをご用意してお待ちしていますので、一緒におしゃべりしましょう!

きっと楽しく刺激的な場になると思います。

お時間の都合をつけてぜひいらしてください。

以下ご案内です。

◇◆◇ご案内/Invitation-------------------------------------------------

【世界のユニークな高等教育に触れてみるシリーズ-2-フィンランド・チームアカデミー /スウェーデンMSLS(日本語

【日時】5月17日(日)10:00-16:00

【場所】都内(お申し込みいただいた方に、詳細をご連絡させて頂きます。)

【参加費】一般6,000円、企業名の領収書が必要な方7,500円。*ランチ代は含まれておりません。

*各種早割(一般、学生、高校生)があります(430日の入金確認分まで)。Peatixご覧ください。

【定員】30

【プログラム(仮)】

*日英、英日の主として通訳を通じてコミュニケーションをお手伝いしてくださる、東千恵子さんにきていただきます。

1. Check-in

2. Villeのストーリー

3*.MSLSのストーリー(ゆり)

4. Villeとゆりのダイアログ-why team now?

5. Q&A

6. Check-out

【キャンセル・ポリシー】

お申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。

チケットは、お友達にプレゼントしてくださったらうれしいです.

主催:一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ

事務局:梯愛依子 info@sustainabilitydialogue.com

ゲストとホストの自己紹介

ヴィレ・カーラネン:Ville Karanen

https://www.linkedin.com/profile/view?id=8420609&authType=NAME_SEARCH&authToken=ggD_&locale=en_US&trk=tyah&trkInfo=clickedVertical%3Amynetwork%2Cidx%3A1-1-1%2CtarId%3A1427899511920%2Ctas%3Aville+&trk=tyah&trkInfo=clickedVertical%3Amynetwork%2Cidx%3A1-1-1%2CtarId%3A1427899511920%2Ctas%3Aville+

http://videos.liftconference.com/video/2998627/ville-keranen-from-team-academy-to-the

https://www.youtube.com/watch?v=Gugr4UIGhps

牧原ゆりえ/Yurie Makihara ( English follows)

一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ代表理事

1997年国際基督教大学を卒業後、大手監査法人に公認会計士として勤務。出産を機にサステナビリティに強い関心を持つようになる。2009 年家族でスウェーデンへ。持続可能な社会のための戦略的なリーダーシッを学ぶ修士過程、持続可能なプロダクト・サービス・システムズ・イノベーションを学ぶ修士課程で学ぶ。留学中に出会った北欧発の参加型リーダーシップトレーニングArt of Hosting、同Art of Harvesting,グラフィック・ファシリテーション をスウェーデン、デンマーク、スイスのトレーニングや対話の場で実践。Art of Hosting Japanの世話人。スウェーデンのサステナビリティ戦略フレームワークを伝える。フェミンン・リーダーシッププログラムComing into you own Japan facultyメンバー

モットーは「あると思い込んでいる境界は、仲間と楽しく超えて行ける」「We got tired of dreaming big and living small, so we decided to go for it and live our dream!」。

Event Timeline
Updates
  • タイトル は 【残席5】【世界のユニークな高等教育に触れてみるシリーズ-2】-フィンランド・チームアカデミー /スウェーデンMSLS (日本語) に変更されました。 Diff 2015-05-12 11:55:26
Sun May 17, 2015
10:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都芝公園エリア
Tickets
一般 ¥6,000
企業名で領収書が必要な方 ¥7,500
一般早割(4/30まで) ¥5,400
Venue Address
東京都芝公園エリア Japan
Organizer
一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ事務局
276 Followers