Event is FINISHED

浮世絵を味わう お話と食の会 〜江戸っ子の初物好き〜

Description

お花見も終わり、初夏が近づいてくると気になるのが「初鰹」。

江戸っ子は初物を好み、浮世絵の中にもその様子を見ることができます。

2回目となる人気のレクチャー「浮世絵を味わう お話と食の会」のテーマは〈江戸っ子の初物好き〉。

ゲストには「浮世絵に見る江戸の食卓」の著者である林綾野さんをお迎えして、

浮世絵に描かれた江戸っ子の様子を伺いながら、初物のお料理を楽しんで頂けます。

天下泰平の世と言われた江戸で、人々はどのように食を楽しみ、生活をしていたのか?

浮世絵・お話・お料理と五感を使って、当時に思いを馳せてみてはいかがでしょう。


【メニュー】*メニューは予告なく変更になる場合がございます

前菜/豆腐田楽、木の芽味噌鱸の煎り酒浸し三つ葉蓴菜とろろ、吸い酢、山葵

汁/どじょう汁

お魚/鰹の膾

煮物独活海老そぼろ餡掛け

焼き物筍と鶏の木の芽焼き

食事/梅紫蘇茄子素麺

菓子/水ようかん


ゲスト|林綾野(はやし あやの)

神奈川県横浜市出身 キュレイター アートキッチン代表。

美術館での展覧会企画、美術書の企画、執筆を手がける。アーティストの芸術性と合わせて、その人柄や生活環境、食への趣向などを研究。手がけた展覧会は『ホルスト・ヤンセン 北斎へのまなざし』『パウル・クレー 線と色彩』『ピカソとクレーの生きた時代』『熊谷守一 画家みつめた 小さないのち 豊かなこころ』展など。 主な著作に『ゴッ 旅とレシピ』『フェルメールの食卓』(講談社)、『浮世絵に見る 江戸の食卓』(美術出版社)など


〈林綾乃さんからのメッセージ 〉

浮世絵には、江戸の人たちの楽しみや暮らしの様子が鮮やかに描かれています。巡り来る季節に味わう「食」も浮世絵に時折登場するテーマです。江戸っ子はとにかく初物に目がなかったとか。筍や鰹など春から初夏をにぎわした季節の食、初物をテーマに、江戸の味わいと浮世絵を存分に楽しんでいただければ幸いです。




Event Timeline
Thu May 7, 2015
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
カフェ&和酒 N3331
Tickets
参加費 ¥5,500
Venue Address
東京都千代田区神田須田町1丁目25番地4 Japan
Organizer
N3331
340 Followers