Event is FINISHED

“ガリガリ君”の育ての親!「商品開発の極意、教えます。」 (特典:ガリガリ君キーホルダーおまけ付き)

Description
大ヒット商品ガリガリ君の誕生秘話を、“ガリガリ君”の開発者そして育ての親が語ります!

1980年代後半、石油ショックの影響で経営が大ピンチに!
会社はヒット商品が出ず、工場ラインもストップ間近の危機的状況に…。

「なんとかしなきゃヤバイ!!」ガリガリ君はここから始まりました。

今では年間販売本数4.8億本以上を記録する日本一売れているアイスキャンディーに成長した誰もが知っているガリガリ君の開発秘話にあわせて、商品開発、長寿商品への育て方の極意をお教えします。

▼こんな方におすすめです!
・商品開発を担当されている方
・商品企画を担当されている方
・商品企画や商品開発に興味をお持ちの方

▼こんなことが学べます!
・アイディアを製品化するそのノウハウが学べます。
・開発した製品をヒットさせるポイントが理解できます。
・長寿商品に育てる秘訣がわかります。
・社内で企画をとおすためのコツがわかります。

▼登壇者紹介

鈴木政次(すずき まさつぐ)
赤城乳業株式会社 監査役 

【“ガリガリ君”の開発者そして育ての親】
一貫して商品開発にたずさわり、愛すべき失敗作を生み出しながらも、「ガリガリ君」「ガツンとみかん」「ワッフルコーン(大手コンビニPB)」など数々のヒット商品を生み出す。夏のうだる暑さの中、仲間や恋人、家族と食べたガリガリ君。発売から20年、世代を越えて私たちを楽しませてくれる、伝説的な商品を開発し育てた鈴木氏。講演では商品開発を主のテーマに、マーケティングなどをテーマにこれまでの経験をあますことなくお伝えします。

<経歴>
1946年 茨城県水戸市で生を受ける。
1970年 東京農業大学農学部農芸化学科卒業
     赤城乳業株式会社に入社 商品開発を担当する生産部に配属
1976年 生産部開発設計課 課長補佐
1977年 「みかんチョ」開発。(1999年に「ガツンとみかん」に名称変更)
1978年 「BLACK」開発
1979年 生産部開発課 課長
1980年 コンビニ創世記 商品案内と売り場の提案をしていく開発営業をスタート
1981年 「ガリガリ君」開発
1984年 生産部次長 「ラーメンアイス」開発
1985年 「カレーアイス」開発
1988年 生産部部長
1990年 生産部取締役部長
1997年 取締役開発部長
1999年 生タイプチョコレートを開発。(2005年旨チョコミルク、2006年に濃厚旨ミルクに名称変更)
2002年 常務取締役開発本部長(購買部長兼務)
2011年 常勤監査役
2013年 監査役

▼主催者からのおすすめポイント
「ガーリガーリー君♪」のCMでお馴染みのガリガリ君。

コンビニに行けば必ず見るといっても過言ではない、今や日本一売れているアイスキャンディーの代名詞。このガリガリ君は当時波にのっていた大手企業から創出されたものではなく、苦境に立たされた中小企業から出たヒット商品です。商品開発に充分な投資が出来ない中小企業から、なぜこのような商品が生み出されたのでしょうか?

それは「夢を持ち、失敗を恐れず、チャレンジをし続けたから」だと鈴木さんは言います。1979年のオイルショック以降、全くヒット商品が出ず、工場ラインもストップ間近なところまで追い込まれました。そんななか、「遊びに夢中の子供が食べられるかき氷を開発しよう」ということからガリガリ君の開発が始まりました。かき氷をワンハンドにすること自体、業界で初めての試みだったので、アイスが下に落ちる等多くのクレームにもなっていたようです。

しかし、そんな状況下でも夢をもち挑戦し続けました。ガリガリ君は、ある一つのアイデアを形にし、それをお客様の反応やクレームを真摯に受け止め、改善していたからこそ今があるのです。講演会ではその開発にまつわる裏話もふんだんにお話しいただきます。

▼開発に関わった製品
<ガツンとみかん(旧名:みかんチョ)>

<BLACK>
たった一人で開発した思い出深い商品です。

<ガリガリ君>
開発テーマは、赤城乳業のロングセラー「赤城しぐれ」のワンハンド(片手で食べられるバータイプ)化、 個人的にはワンハンドの氷バー「でかい、うまい、あたりつき」 赤城しぐれを否定して赤城しぐれにはないフレーバー(ソーダ、グレープフルーツ、コーラ味、他多数)を開発した。1981年からガリガリ君の伝説が始りました。

<ラーメンアイス>
瞬間的にめちゃくちゃ売れた製品。コンビニの前で子供たちが店頭入荷を待つ現象が起きるほどでした。

<カレーアイス>
ラーメンアイスからヒントを得た製品。大失敗でした。。。。


<濃厚旨ミルク(旧名:旨チョコミルク)>
生タイプチョコレートアイスを開発しました。


・その他
大手コンビニとのコラボレーション商品「ワッフルコーン」、ソフト氷「スマッシュ」など

▼日時
2015年5月22日(金)18:30から

▼場所
3331 ARTS CHIYODA 1Fラウンジ
http://www.3331.jp/

東京都千代田区外神田6丁目11-14
東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分

▼プログラム
18:30 開場・受付開始
19:00 “ガリガリ君”の育ての親!「商品開発の極意、教えます。」
     赤城乳業株式会社 監査役 鈴木政次氏  
20:30 質疑応答
21:00 終了
Event Timeline
Fri May 22, 2015
6:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
3331 ARTS CHIYODA 1Fラウンジ
Tickets
参加費(一般) ¥2,980
参加費(学生) ¥1,980
Venue Address
東京都千代田区外神田6丁目11-14 Japan
Organizer
講演依頼.com(株式会社ぺルソン)
205 Followers
Attendees
47 / 50