Event is FINISHED

中川李枝子 「いいお母さんって、どんなお母さん?」

『子どもはみんな問題児。』刊行記念トーク&質問会
Description

 名作絵本『ぐりとぐら』の生みの親、中川李枝子さんは一児の母であり、そして保母さんでもあったことをご存じでしょうか。刊行から50年も経つ『ぐりとぐら』が色あせることなく、当時の子どもも今の子どもも夢中にさせるのは、中川さんが誰よりも子どものことをよく知る人だからです。
 そんな中川さんの新刊『子どもはみんな問題児。』は、「お母さんたちの悩みに応えたい」という中川さんの希望から生まれた語り下ろし作品です。絵本や児童書は多数書かれている中川さんですが、実はお母さんのための本は本書が初めてなのです。
 「子どもは自分丸出しで生きています」「お母さんのお弁当をどんなに喜ぶか、見せてあげたい」「いざという時、子どもは強い」「24時間、一緒にいることはないのよ」「がみがみ言いたい気持ちを本で解消」……(本書より)。中川さんが子どもたちから教わったことは、そのままお母さんへのエールでもあります。
 

 本イベントでは、第1部で中川さんから「いまお母さんさんたちに伝えたいこと」をお話しいただきます(1歳児を持つ担当編集者が聞き役となり進行いたします)。そして第2部では、みなさんからの質問を受けつける質問会を開催。「ウチの問題児自慢」でも、「どうしたらいいの……」という悩み相談でも、何でもお寄せください。チケット購入時もお受けいたしますし、あるいは当日も機会を設けます(ただし、時間の都合でお答えできないこともありますので、あらかじめご了承ください)。

 中川さんの温かいことばで心がほぐれたり気持ちが晴れたりする、そんなひと時をお過ごしください。

*1時間のトーク終了後はサイン会も予定しています(会場では『子どもはみんな問題児。』を発売いたします)。なお時間の都合上、サインはお一人様1冊までとさせていただきます。

************************************

中川李枝子(なかがわ・りえこ)
作家。1935年札幌生まれ。東京都立高等保母学院卒業後、「みどり保育園」の主任保母になり17年間勤める。62年に出版した『いやいやえん』で厚生大臣賞などを受賞。翌年『ぐりとぐら』を刊行。『子犬のロクがやってきた』で毎日出版文化賞受賞。数多くの絵本や童話のほか、「さんぽ」の作詞でも知られる。『ぐりとぐら』は10か国語に翻訳されている。


※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-04-10 03:12:03
More updates
Sat Apr 25, 2015
1:30 PM - 2:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000

On sale until Apr 25, 2015, 10:30:00 AM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,159 Followers