Event is FINISHED

ホンマタカシ×矢野優(『新潮』編集長)「文学的な写真、写真的な文学」

〈soko×IMA CONCEPT STORE 写真と文学の危険な関係 vol.1〉
Description
新潮社の書籍倉庫を改築したsokoと、写真の複合スペースIMA CONCEPT STOREが初タッグ! 毎回異なるゲストをお招きし、soko(神楽坂)とIMA CONCEPT STORE (六本木)で交互に会場を変えながら、文学と写真について多角的にトークセッションを行います。

第1回目のゲストは、写真家のホンマタカシさんと、文芸誌『新潮』編集長の矢野優さん。 「言葉をいくら尽くしても、撮った写真は説明できない。だから写真家になった」と語るホンマさんと、「純文学が閉鎖しないために横断性を取り入れたい」と積極的に写真を掲載してきた矢野さん。引かれ合い反発し合う活字とビジュアル、その不可侵な固有性はいかにして「交わり」うるのか――

当日はお二人に「文学的な写真」そして「写真的な文学」と感じる作品を持ち寄っていただきます。写真と文学は、「時代」「物語」「精神」へどのようにアプローチしてきたのか。日本を代表する写真家と気鋭の編集者の貴重なクロストーク、お見逃しなく!

***********************************************

■プロフィール

ホンマタカシ ほんま・たかし

1962年、東京都生まれ。写真家。東京造形大学大学院客員教授。99『TOKYO SUBURBIA 東京郊外』(光琳社出版)で第24回木村伊兵衛写真賞受賞。近年の写真集に『NewDocumentary』(SUPER LABO)、著書に『たのしい写真3 ワークショップ篇』(平凡社)。現在、「芸術新潮」で「換骨奪胎 ホンマタカシの映像リテラシー」を隔月連載中。

矢野優 やの・ゆたか

創刊1904年(明治37年)の文芸誌『新潮』編集長。カルチャー雑誌『03 TOKYO Calling』で編集を始め、その後、書籍編集者として文芸書、思想書、美術書等を担当。2003年から現職。


※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-03-19 15:33:19
More updates
Mon Apr 13, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000

On sale until Apr 13, 2015, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,158 Followers