Event is FINISHED

認知症を身近に感じるために!(第6回オープンデータカフェin千葉)

Description
「オープンデータ・カフェin千葉」は、オープンデータに関する動向や活用可能性等について、さまざまな立場の参加者が語り合い、共有を深め、地域での活用策を検討していく公開型の勉強会・セミナーです。

主催の「オープン!ちば」のモットーは、勝手にシンクタンク!。オープンデータ界隈の実践活動だけでなく、自治体等への提言活動を視野に入れて活動しています。

今回のテーマは、認知症を身近に感じるために!

”2025年問題”ってご存知ですか?
認知症800万人時代とも言われているそうです。
認知症って、まだまた他人事みたいに感じること多いかと思いますが、実はそんなことなくて、すぐ身近な問題なんですね。
先日の朝日新聞にも、認知症の方やそのご家族など、当事者の方々のアンケート結果が掲載されていましたが、一般の方にもっともっと認知症のことを知ってもらいたいというのが、切実な願いだそうなんです。
そこで、まずは認知症って何かを知るための勉強会を企画しました。
当日は、千葉市から講師をお迎えし、認知症サポーター養成講座として実施します。ので、参加された方は、晴れて認知症サポータとなれます。

当日は、講師の方からお話を伺うだけでなく、シビックテックを認知症の課題にどう活かせるかの意見交換もしたいと思います。
なので、参加者の皆さんには、事前課題として、意見交換のネタ出し用に、以下のいずれかをご準備くださるようお願いします。当日、何名かの方にお一人2分程度の発表をお願いしたいと思います。
・認知症関連のデータを自分で可視化したデータ
・ICT活用で認知症に関わる課題を解決できるのではないかとのアイデア

オープンデータや認知症の基本的知識にご関心のある方、自らのスキルを地域で発揮したい方、地域の仲間を増やしたい方、ぜひご参加ください。

<日時>
  平成27年3月23日(月)19:00~21:00(開場:18:45)
<会場>
  千葉市幕張新都心サテライトオフィス
   千葉市美浜区中瀬1-3 「幕張テクノガーデン CD棟3階」
    ※会場案内図はこちら 
<参加費>
  500円(大学生以下無料。当日会場で徴収)
<定員>
  20人(先着順)
<主催・問い合せ先>
  オープン!ちば(千葉地域でオープンデータを推進する市民有志の団体)
   e-mail: openchiba@gmail.com

Event Timeline
Mon Mar 23, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
千葉市幕張新都心サテライトオフィス
Tickets
一般¥500(当日徴収)、学生無料
Venue Address
千葉市美浜区中瀬1-3 「幕張テクノガーデン CD棟3階」 Japan
Organizer
松島隆一(オープン!ちば)
93 Followers