Event is FINISHED

北村薫×穂村弘「本にムラムラ、短歌にむらむら」

北村薫著『太宰治の辞書』新刊刊行記念
Description

「穂村さんと短歌の話もしたいですね。小説新潮の連載、《うた合わせ》についての

感想もおききしたい」by北村薫

 ×

「北村薫さんの文学遍歴というか文学への愛の深さと、女性観についてうかがいたい

ですね」by穂村弘


お互いに作品の愛読者でもある、北村薫さんと、穂村弘さん。

北村薫さんの、《私》シリーズ最新作『太宰治の辞書』の刊行を祝して、

小説のこと、短歌のこと、さまざまな話題でお話しいただきます。

当日は北村さんの新刊はもちろん、新潮社刊の穂村弘さんの『世界中が夕焼け 穂村弘の短歌の秘密』も販売し、ご購入された方にサイン券をお配りいたします。

《本》を読む喜びを共に分かち合える、《ムラムラむらむらトーク》、ぜひ、体感してください。


★トークイベント終了後に、会場で著書をご購入された方を対象に、北村薫さんと穂村弘さんのサイン会を行う予定です。

***********************************************

■プロフィール

北村薫 きたむら・かおる

一九四九年埼玉県生まれ。早稲田大学ではミステリ・クラブに所属。母校埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、八九年、「覆面作家」 として『空飛ぶ馬』でデビュー。九一年『夜の蟬』で日本推理作家協会賞を受賞。小説に『秋の花』『六の宮の姫君』『朝霧』『スキップ』『ターン』『リセット』『盤上の敵』『ニッポン硬貨の謎』(本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)『月の砂漠をさばさばと』『ひとがた流し』『鷺と雪』(直木三十五賞受賞)『語り女たち』『1950年のバックトス』『いとま申して 「童話」の人々』『慶應本科と折口信夫 いとま申して2』『飲めば都』『八月の六日間』などがある。読書家として知られ、『詩歌の待ち伏せ』『謎物語』『読まずにはいられない 北村薫のエッセイ』『書かずにはいられない 北村薫のエッセイ』など評論やエッセイ、『名短篇、ここにあり』『名短篇、さらにあり』『とっておき名短篇』『名短篇ほりだしもの』『読まずにいられぬ名短篇』『教えたくなる名短篇』(宮部みゆきさんとともに選)などのアンソロジー、新潮選書『北村薫の創作表現講義』、新潮新書『自分だけの一冊――北村薫のアンソロジー教室』など創作や編集についての著書もある。



穂村弘 ほむら・ひろし

歌人。1962年、北海道札幌市生まれ。歌集、エッセイ集、対談集、短歌入門書、評論、絵本の翻訳など著書多数。2008年『短歌の友人』で、伊藤整文学賞を受賞、連作「楽しい一日」で短歌研究賞を受賞。08年から日本経済新聞の歌壇選者。最新刊『まばたき』(絵・酒井駒子)






※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-03-19 13:20:16
Fri Apr 24, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000

On sale until Apr 24, 2015, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,160 Followers