Event is FINISHED

伊藤章良×山本典正 「日本人が知らない〈日本食〉と〈日本酒〉の魅力――日本酒きき酒付き」 『幸せになれる43の料理店』『ものづくりの理想郷』(dZERO)刊行記念

Description

『幸せになれる43の料理店―東京百年レストランIII』は、百年続いてほしい料理店を紹介する「東京百年レストラン」シリーズの第三弾です。一方の『ものづくりの理想郷』は、「紀土KID」で躍進中の酒蔵「平和酒造」の若き後継者が記した酒蔵改革の記録です。この2冊の刊行を記念して、「食と酒」をライフワークとする2人の著者が、日本の食と酒の魅力にういて、熱く、そしてちょっと辛口に語りつくす一夜です。後半は、日本酒の利き酒タイムも用意されています。

なお、通常の参加費で、ワンドリンクのほかに日本酒が提供されます。

  

  

■出演者のプロフィール

▼伊藤章良(いとう・あきら)

食随筆家。大阪府に生まれる。本業はイベントプロデューサー。国内外で企業の催事を手がけるかたわら、30年以上にわたって自腹で食べ歩きを続ける。1997年より雑誌『料理王国』に、中高年男性のための食べ歩き指南「おじさんをもてなす法」を約2年間、その拡大版「食いしん坊ナビ」を約1年間連載。2006年より、解答編とも言うべき「おじさん流レストランで女性に素敵と思われる法」を1年間連載する。2002年より大手情報ポータルサイトに寄稿した飲食店紹介が好評を博し、「大人の食べ歩き」という新しいジャンルを確立した。著書は最新刊『幸せになれる43の料理店―東京百年レストランIII』のほかに、『東京百年レストラン』(梧桐書院)、『東京百年レストランⅡ』(亜紀書房)がある。

  

▼山本典正(やまもと・のりまさ)

平和酒造代表取締役専務。1978年、和歌山県に生まれる。京都大学経済学部を卒業後、東京のベンチャー企業を経て実家の酒蔵に入る。大手酒造メーカーからの委託生産や廉価な紙パック酒に依存していた収益構造に危機感を覚え、日本酒業界にあっては他に類をみない革新的組織づくりをするとともに、自社ブランドの開発・販売に力を尽くす。一方で、全国の若手蔵元と協力のもと、日本酒試飲会「若手の夜明け」を立ち上げ、2011年から代表をつとめる。代表的な銘柄は「紀土」と「鶴梅」。紀土大吟醸はIWC(インターナショナルワインチャレンジ)2014でリージョナルトロフィーを受ける。201412月、処女作『ものづくりの理想郷』を上梓した。


【出演】

伊藤章良(食随筆家)

山本典正(平和酒造代表取締役専務)


【日時】
2015年4月4日(土)
19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink




Event Timeline
Sat Apr 4, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,539 Followers