Event is FINISHED

11/8『sensor ~ it&music community』powered by happydragon

Vol.5『ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略〜“音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス』
Description

<概要>


ソーシャル探偵団『happydragon』による

マンスリー・パーティ☆

毎回、同時代性あるテーマを提案して、スペシャルなゲストと共に、

ITと音楽の未来を“再定義”&“発見”していきます!


<テーマ>

5回めとなる今回は、リットーミュージックから10/25に出版された『ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略〜“音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス』の出版記念イベント。

山口を含む4人の著者が、音楽ビジネス成功の戦略を語ります。

今回から、communityの要素を強化、参加していただくお客様には事前アンケートにご協力いただき、トークに反映します。

それぞれ違う立場でビジネスパーソンとして活躍する共著者パネラーに、書籍には書けなかった本音を聞きましょう。

「共有・共感・共鳴」のさせ方について気鋭のソーシャルメディアマッケッターの髙野修平さんに

「拡散するニュースの作り方」を国内海外でPR活動を行っているイータレントバンク社長の殿木達郎さんに

「シェアしたくなるミュージックビデオ」の成功例とその背景をこれまでYouTubeでMVを7800万回再生させてきた松本拓也さんに

それぞれ伺います。

客席と一体になったトークセッションです。


「成果報酬型プロモーションの可能性」や「日本でストリーミングサービスは広まるのか?」などなど

ホットなテーマを熱く語る夜にしませんか?


<日程/会場>


2012年11月8日(木)19時~22時
@Icon lounge(JR渋谷駅より徒歩6分)
http://www.icon.cx/index.html
住所:東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビル3F
電話:03-6277-5987

定員:70名


参加費:1,500円(※+1ドリンク)

主催:happydragon

協力:RittorMusic,Peatix Inc.


<タイムテーブル>


19:00 :Open ~ <30分間>


19:30 :パネルディスカッション

『ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略〜

“音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス』 <90分間>


21:00 :質疑応答&懇親会(music DJ)<60分間>


22:00 :Close


<パネリスト>


▼キャスティングプロデューサー/株式会社EA 代表取締役

 松本拓也 氏


▼ミュージック・ビジネス・クリエイター/株式会社イータレントバンク 代表取締役社長 殿木達郎 氏


▼コミュニケーションプランナー/株式会社トライバルメディアハウス 高野修平 氏


▼音楽プロデューサー/株式会社バグ・コーポレーション 代表取締役

 山口哲一


▼音楽コンシェルジュ/音楽キュレーション・コミュニティ『mece』

 主宰 ふくりゅう




【パネラー・プロフィール】

松本拓也(キャスティングプロデューサー)


1969年生まれ。1993年㈱電通入社。1995年中国興業㈱メディア事業部を設立。1996年マルチメディアグランプリ部門賞を受賞。1999年アクションクリック創業。2004年米国特許

取得。2006年より㈱EA代表取締役。2008年7月に『小さなニュースに火をつけて売る! ~パワーブロガーはお客をこうつかむ』(技術評論社)を刊行。一般企業をクライアントにソーシャルメディアプロモーションを企画・制作・運用していたが、ここ数年は音楽業界に傾倒。インフルエンサーを起用したミュージ

ックビデオの企画制作・キャスティングが得意技。日本人アーティストをソーシャルメディアを使って世界でブレイクさせるのが夢。


殿木達郎(ミュージック・ビジネス・クリエイター)


1969年東京生まれ。(株)イータレントバンク代表取締役社長。15歳よりドラムをはじめ、バンドでの音楽活動を行なう。IT黎明期よりインターネットを活用したミュージックビジネスを実現するために2000年、同社設立。ITに特化したプロモーションシステムやWEBメディアを多数プロデュース。現在はプロモーションとマーケティングをベースにアーティストの海外進出における総合プロデュースを手がける。「アーティストとユーザーを最短距離で結びつける」目線からのミュージック・ビジネス・クリエイターとしてアーティストからの信望も厚い。




高野修平(コミュニケーションプランナー)

1983年東京都生。ソーシャルメディアマーケティング支援会社トライバルメディアハウスにてコミュニケーションプランナー/プランニングリーダーとして所属。音楽・エンタメ業界では企業やアーティストのソーシャルメディア、デジタルを活用したコミュニケーションプランニング、コンサルタント、講演、執筆などを行なう。音楽業界にかかわらずソーシャルメディアマーケティングを支援。ソーシャルメディアと音楽ビジネスをテーマ

にした内容で、2012年9月初の単著『音楽の明日を鳴らす-ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代-』(エムオン・エンタテイメント)刊行。

山口哲一(音楽プロデューサー)

1964年東京生まれ。株式会社バグ・コーポレーション代表取締役。一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事。『デジタルコンテンツ白書2012』(経産省監修)編集委員。

「SION」「村上"ポンタ"秀一」のマネージメントや、「東京エスムジカ」「ピストルバルブ」「Sweet Vacation」などの個性的なアーティストをプロデュースする一方、ソーシャルメディアの研究、実践をおこなっている。プロデュースのテーマには、ソーシャルメディア活用、グローバルな視点、異業種コラボレーションを掲げてている。

著書『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本(ダイヤモンド社)』のほか、『デジタルコンテンツ白書2011、2012』の音楽部分を執筆。

詳細プロフィールはこちら


福島“ふくりゅう”龍太郎(音楽コンシェルジュ)

1976年東京生まれ。音楽とソーシャルグラフについて考える業。音楽キュレーション・コミュニティ『mece』主宰。J-WAVE、ナタリー、smart、BARFOUT!、ミュージックマガジン、音楽主義などで執筆、編集、コメンテーター、選曲を担当。各種WEBサービス(iPPee、Yahoo!ミュージックマガジンなど)の立ち上げ、運営に参加。近著は『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本(ダイヤモンド社)』 〈ダイヤモンド社〉。趣味は、SNS、キネクト、TVドラマ、サッカー、お酒、レトロゲーム、ラジコン、昭和な呑み屋巡りなど。



◆◆Information◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略

~“音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス~(リットーミュージック)

山口 哲一 (著), 松本 拓也 (著), 殿木 達郎 (著), 高野 修平 (著)

ISBN978-4-8456-2156-9 価格:1,680円(税込)

http://www.rittor-music.co.jp/books/12317306.html

オフィシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/socialmusic7

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


Event Timeline
Thu Nov 8, 2012
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
チケット(1D別) ¥1,500
Venue Address
東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビル3F  Japan
Organizer
happydragon
14 Followers