Event is FINISHED

東西のファシリテーション職人から学ぶ「場づくりを仕事にすること」

ゲストスピーカー:(東)empublic代表/広石拓司さん (西)home's vi代表/嘉村賢州さん
Description


「場」という言葉はよく耳にするかもしれません。しかし、その場をつくるために、何が必要なのかはあまり話がされることは少ないかもしれません。


ただ、場というのは、どこにでも存在します。家、会社、授業、カフェ、イベントだってひとつの場と言えるでしょう。

人がそこに集まるかぎり、自然発生的に、場は生まれます。この場をどうつくってくのか、そこにいる人たち同士がどうつなげるのか、よい会話とよい空気をどうつくるか、と考えている方は多いのではないでしょうか。


「場とはそもそも何か?」「場づくりに押さえておきたいことは何か?」「場づくりに必要とされる人とは?」ということを触れながら、一歩踏み込んでみて、

「場づくりを仕事にするには?」

という問いについて考えていきます。場をつくるためのひとつの技術として、ファシリテーションが必要とされています。「コミュニティデザイン」という言葉にも関連すること。


今回は、東京と京都からいらっしゃる、ファシリテーターの二大巨頭のおふたりと、弊社代表/今津もあいだに入りながら、進行させていただきます。

「場づくりに興味がある」「場づくりを仕事で携わっている」という方はぜひご参加ください。みなさまとお会いできることを、心よりお待ちしております。


■ 流れ

ゲストトーク

↓クロストーク

↓ダイアログ、ワークショップ

(ミニ懇親会)


■ 日時:19:00〜21:00(会場18:40〜)

■ 場所:Wajya! スペース @株式会社ルーツ

*駐車スペースが限られておりますので、車でいらっしゃる方は予めご連絡くださいませ。

■ 定員:20→30名(増席しました!)

■ 参加費:無料


【ゲストスピーカー】

■ 広石拓司(株式会社エンパブリック 代表)from TOKYO

1968年生まれ、大阪市出身。東京大学大学院薬学系修士課程修了。シンクタンク(三和総合研究所(現 三菱UFJリサーチ&コンサルティング))勤務後、2001年よりNPO法人ETIC.において社会起業家の育成に携わる。


2008年株式会社エンパブリックを創業。「ワクワクする私たち」が増えるように、知恵と力を持ち寄り、アクションを起こすための対話、コミュニティ運営、社会起業に必要なツールと実践支援プログラムを開発・提供している。自社の根津スタジオ、文京ソーシャルイノベーション・プラットフォーム、すぎなみ地域大学、企業のコミュニティ力向上プログラムなどにおいて、年200本のワークショップを実施。


> empublic / http://empublic.jp/


■ 嘉村賢州(home's vi代表)from KYOTO


京都大学農学部卒。卒業後、人事・給与システムの営業を経験後、地域活性のITプロジェクトにより独立行政法人情報処理推進機構「未踏ソフトウェア採択事業」に2004年度に採択。京都でIT企業を立ち上げる。その後、NPOや社会起業の業界に関心を持ち、2008年に特定非営利活動法人場とつながりラボhome’s vi(ホームズビー)設立。


> home's vi / http://www.homes-vi.org/


企画:株式会社ルーツ
Wajya!担当:大見謝

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-03-05 06:29:14
More updates
Sun Mar 8, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Wajya! スペース
Tickets
申込み(無料)
申込(無料/追加)
Venue Address
沖縄県浦添市西原1丁目4-9 Japan
Organizer
大見謝 将伍
66 Followers