Event is FINISHED

保坂和志×湯浅学 「続・音楽談義~サン・ラーかディランかそのほか」 『音楽談義 Music Conversations』(ele-king books)刊行記念

Description

 それぞれ小説家と音楽評論家として活躍する同学年のふたりが、おもに7080年代のロック、ポップス、歌謡曲までを語り明かす、紙『ele-king』の同名人気連載が『音楽談義 Music Conversations』として単行本化! 音楽論にして文学論であるばかりか、時代論で人生論。他の記事とは圧倒的に流れる時間の異なる本対談は、このスピードでしか拾えない宝物のような言葉と発見とにあふれています。

今回はその番外編となる出張トークイヴェント・その2! 雑誌のほうでは毎度紙幅の都合で泣く泣くカットする部分もありますが、イヴェントとこの新刊はそんなあたりもばっちり収録のディレクターズカット版。歌謡曲からサン・ラーにボブ・ディランまで、止められるまで止まりません!

ぜひ、ふたりにしか出せないグルーヴを堪能してください。

■著者紹介

保坂和志(ほさか・かずし)

1956年山梨県生まれ。90年『プレーンソング』でデビュー。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾(いき)』で芥川賞、97年『季節の記憶』で谷崎潤一郎賞、平林たい子文学賞を受賞。著書に『カンバセーション・ピース』『小説修業』(小島信夫との共著)『書きあぐねている人のための小説入門』『小説の自由』『小説の誕生』『小説、世界の奏でる音楽』『カフカ式練習帳』『考える練習』など。2013年『未明の闘争』で野間文芸賞受賞。近刊に『朝露通信』。

湯浅学(ゆあさ・まなぶ)

1957年神奈川県生まれ。著書に『音海』『音山』『人情山脈の逆襲』『嗚呼、名盤』『あなのかなたに』『音楽が降りてくる』『音楽を迎えにゆく』『アナログ・ミステリー・ツアー 世界のビートルズ1962-1966』『~1967-1970』『ボブ・ディラン ロックの精霊』(岩波新書)など。「幻の名盤解放同盟」常務。バンド「湯浅湾」リーダーとして『港』『砂潮』など。近刊に『ミュージック・マガジン』誌の連載をまとめた『てなもんやSUN RA伝 音盤でたどる土星から来たジャズ偉人の歩み』(ele-king books)がある。

【出演】

保坂和志
湯浅学


【日時】
2015年3月1日(日)
15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink



Event Timeline
Sun Mar 1, 2015
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,558 Followers