Event is FINISHED

東京ソト活ピクニック部 #02花見×ピクニック「都市の遊びとその向こう」

Description

花見や歩行者天国、マーケットや音楽フェスティバル、芸術祭など、
様々なカルチャーが"ソト(外)"を活用することによって育まれてきました。
本レクチャーはそんな「ソト活("ソト"を活用すること)」の歴史や活用法を通して、都市での暮らしをもっと楽しく、充実したものにするヒントを学んでいきます。

本シリーズを担当してくださるのは、東京ピクニッククラブ共同主宰・太田浩史さん。そして毎回異なるテーマを設定し、太田さんが注目する「ソト活」のキーマンをゲストにお迎えします。



2回目となる今回は「都市の遊びとその向こう」をテーマに「花見×ピクニック」自然と共に行われてきた「遊び」をヒントに、これからの「遊び」とその向こうについて、参加者と共にディスカッションを交え、考えて行きたいと思います。



桜の開花が近づくと、そろそろ花見のことを考える人も多いのではないでしょうか。

春の「遊び」の一つとして花見は昔より多くの人々に楽しまれてきました。

特に大都市江戸では日常をはなれ、郊外へいく一大イベントでした。天候の変化を気にかけてまちわび、お弁当の準備に大騒ぎをし、できる限りのオシャレをして、家族、友人と共に楽しみました。春の野山では、花を見る以外にも、山や野を歩きまわったり、摘み草をしたりして楽しまれました。



都市に暮らす人々にとって季節を体験し、自然に接する文化、19世紀生まれのピクニックにはるかに先行する日本古来のソト活を、開花間近な3月の夜に一緒に考えてみませんか?



本レクチャーでは『江戸の花見』(築地書館)の著者である小野佐和子さんをお迎えして、江戸/都市の「遊び」をヒントに、これからの都市の遊びとその向こうについて、考えて行きたいとおもいます。


<ゲストプロフィール>

小野佐和子(元千葉大学園芸学部教授、庭園史)

現在、月に10日ほど北九州市郊外の実家で自然農法による畑作りを試み中。田舎を知ってもらうために、市内の子供のグループを招き、土筆摘み、手もみ茶作りの会などを催す。庭や畑の草花を使ったリースを制作し、自宅を会場に近隣の作家たちと合同作品展開催。

著書:『江戸の花見』築地書館、『こんな公園がほしいー住民がつくる公共空間』築地書館、編著:『海辺の環境学—大都市臨海部の自然再生』東京大学出版会



「東京ソト活ピクニック部」シリーズはピクニック形式でレクチャーを行いますので、学びながら参加者同士での"社交"を楽しむこともできます。お弁当やお飲み物を持参いただき、飲食を楽しみながらのご参加がおススメです。

*当日はピクニック形式によるレクチャーの為、ラグ、クッション、お弁当、飲食物などの持参可能な方は持参をお願い致します。


Event Timeline
Wed Mar 18, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
3331 Arts Chiyoda
Tickets
一般 ¥2,000
学生(当日学生証の提示が必要です) ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区外神田6丁目 11-14 Japan
Organizer
3331 Arts Chiyoda
968 Followers