Event is FINISHED

浅生ハルミン×東海林洋 「“世界で最も美しい本”のはなし 〜展覧会<紙片の宇宙 シャガール、マティス、ミロ、ダリの挿絵本>(ポーラ美術館)開催記念〜」

Description

「世界で最も美しい本」

それは今から100年ほど前、20世紀の初頭から中盤にかけて隆盛した「リーヴル・ダルティスト」(芸術家による挿絵本)の制作者たちが目指したものです。中世の写本を除いては、それまで印刷された情報に過ぎなかった書物の世界に、この頃、マティスやレオナール・フジタ(藤田嗣治)、シャガール、ミロなど、時代を代表する画家たちが続々と参加しました。彼らが制作した独創的で色鮮やかな挿絵は、熟練の版画職人たちによって刷られ、イメージとテキストが響きあう豪華な挿絵本として限定部数で発行されました。

このたびB&Bではこの「リーヴル・ダルティスト」(芸術家による挿絵本)を取り上げた展覧会「紙片の宇宙」(ポーラ美術館)の開催を記念して、展覧会を担当したポーラ美術館学芸員の東海林洋さんと、この展覧会のナビゲーターを務めるイラストレーターでエッセイストの浅生ハルミンさんによるトークイベントを開催いたします。

19世紀の終わりに詩人ステファヌ・マラルメは「世界は一冊の書物に至りつくために作られている」という言葉を残しました。こうした究極の書物に憧れた「世界で最も美しい本」とは?めくるめく挿絵本の世界を、古本と猫を愛する浅生ハルミンさんによる独特な目線を交えつつご紹介いただきます。お楽しみに!

浅生ハルミン(あさお・はるみん)

1966年三重県生まれ。古本と猫を愛するイラストレーター、エッセイスト。著書に『私は猫ストーカー』(中公文庫)、『猫の目散歩』(筑摩書房)、『猫座の女の生活と意見』(晶文社)、『三時のわたし』(本の雑誌社)、『猫のパラパラブックス』(青幻社)など多数。『私は猫ストーカー』は2009年に映画化され話題となる。ポーラ美術館にて開催中の「紙片の宇宙」展では、会場で配布している『紙片の宇宙を歩く ハルミンノート』をはじめ、イラストとテキストで展覧会を案内するナビゲーターをつとめている。

東海林 洋(しょうじ・よう)

ポーラ美術館学芸員。1983年札幌市生まれ。専門は西洋の近現代美術。これまで担当した展覧会に「ポーラ美術館×国立西洋美術館 モネ、風景をみる眼」展、「いろどる線とかたどる色」展など。20世紀の前半にフランスで流行した「芸術家による挿絵本」(リーヴル・ダルティスト)を取り上げた「紙片の宇宙」展が現在開催中。本への興味は主に美術関連が中心。展覧会カタログに作品の画像が載り始めた1940年代に作られた海外の展覧会カタログを密かに集めている。


【出演】

浅生ハルミン(イラストレーター、エッセイスト)

東海林洋(ポーラ美術館学芸員)


【日時】
2015年2月24日(火
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink




Event Timeline
Tue Feb 24, 2015
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,544 Followers