Event is FINISHED

野口悠紀雄×ちきりん 「数字を武器に考えよう」

野口悠紀雄『数字は武器になる』&ちきりん『マーケット感覚を身につけよう』出版記念イベント
Description

鋭いデータ分析からの提言が常に注目される経済学者、野口悠紀雄氏。身近な数字の本質を見抜き、凝り固まった常識を覆す社会派ブロガー、ちきりんさん。ともにベストセラー作家でもある両氏が語り尽くす、日本再生のカギを握る「数字力」の鍛え方。

「週刊新潮」連載中から話題を呼び、昨年12月に刊行された野口悠紀雄著『数字は武器になる』。実は、担当編集者が野口氏に連載を依頼したきっかけは、「週刊東洋経済」(2012)に掲載された氏とちきりんさんの、数字が持つ力について語った対談だったのです。その続編ともいえる今回のトークイベントは、白熱した3年前の対談に続いて「数字」がテーマ。この日本に決定的に欠けていると野口氏が指摘する「文系数学」をメインに、『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)を上梓したばかりのちきりんさんとの最強対談が再び実現します!

 一夜限り、数字が苦手な方にこそ参加していただきたい、貴重な90分間をお見逃しなく!

***********************************************

■プロフィール

【野口悠紀雄 のぐちゆきお

1940年、東京都生まれ。東京大学工学部卒業後、大蔵省(現・財務省)に入省。1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、現在、早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問。専攻はファイナンス理論。1992年『バブルの経済学』で吉野作造賞を受賞。『「超」整理法』『「超」勉強法』などミリオンセラーのほか、『戦後日本経済史』『仮想通貨革命 ビットコインは始まりにすぎない』など著書多数。

ちきりん

関西出身。バブル最盛期に証券会社で働いた後、米国での大学院留学を経て外資系企業に勤務。2010年に退職してからは文筆活動や対談を中心に、“楽しいことだけして暮らす”人生ふたつめの働き方を実践中。政治からビジネス、グローバリゼーションからキャリア論まで、幅広いテーマを独自の切り口で解説する社会派ブログ「Chikirinの日記」は、身の回りの話題を綴る「ちきりんパーソナル」と合わせ、月間 200PVのアクセスを誇り、月に20万人以上の読者が訪れる、日本で最も人気のある個人ブログのひとつ。著書に『ゆるく考えよう』(イースト・プレス)、『自分のアタマで考えよう』(ダイヤモンド社)、『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!』(大和書房)など。


本イベントに関しまして、イベント中の録音、録画、写真撮影は固くお断りいたします。同様に、twitter、ブログなどへ、トーク内容の転載、画像のアップもご遠慮下さい。

*トークイベント終了後には、sokoでお買い上げいただきました出演者の書籍にかぎり、サイン会を予定しております。


※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。



Event Timeline
Fri Mar 6, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000
Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,161 Followers