Event is FINISHED

「自然災害にどう立ち向かうか?」 勉強会

2/13 18:30 岳囲会 定例勉強会 シリーズ「不確実性に向き合う」
Description

岳囲会 定例勉強会 「不確実性に向き合う」 
2015年2月13日(金)18:30〜 赤坂議員宿舎

衆議院議員・厚生労働大臣政務官の橋本岳さんをモデレータにお迎えした私的な勉強会です。毎回、数名の話者の方を交えていま気になる社会問題等について理解を深めてゆきます。この勉強会は、一般の方がたにもご参加いただけるようPeatixでのご案内をしています。

定例勉強会のテーマは「不確実性にどう向き合うか」です。会費無料、1回のみの参加でもOKですので、ご興味を持たれた方はどなたでもお申し込みください。参加される皆様もご自身の経験・意見を踏まえて、積極的な議論へのご参加を頂ければ幸いです。

なお、会場の座席数が限られており、お申し込み多数の場合、受付を締め切らせていただく場合がありますのでご了承ください。


【勉強会】

  • テーマ:「不確実性にどう向き合うか」
    自然災害(山岳事故、自信、津波等)への備えや発生時の対応について、国や自治体、市民、企業などがどのような向き合い方をするのがよいのか、いくつかの事例を交えながら議論したいと思います。
  • 参加費: 無料(受付時に、お名刺を1枚頂戴いたします)
  • 時間:18:30~20:30(受付は18:00から始めます)
  • 会場:衆議院赤坂議員宿舎 会議室 (東京都港区赤坂二丁目17番10号)
    ※1階入口のインターフォンにて「岳(がく)を囲む会」の勉強会参加者であることを申し伝え下さい。
  • 話者・モデレータ紹介(関心・活動など):
    • 岡本正氏(弁護士)http://www.law-okamoto.jp/about
      • 災害復興に国はどんな取り組み、法整備を進めていくべきか
    • 澁川修一氏(株式会社電通)
      • 2020年を見据えた、不確実性へのICTを用いた取り組みについて
    • 橋本岳 (衆議院議員・厚生労働大臣政務官)
      • 医療事故をどう減らすか、国はどう関与すべきか

【懇親会】

  • 時間:21:00〜
  • 場所:番屋 赤坂店 (東京都港区赤坂2丁目14-34 赤坂パロスビル
       http://tabelog.com/tokyo/A1308/A13081/13020104/
  • 会費:実費(4,000~5,000円程度)


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-02-13 07:44:24
More updates
Fri Feb 13, 2015
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
赤坂議員宿舎
Tickets
勉強会(18:30〜20:30)

On sale until Feb 13, 2015, 6:00:00 PM

Venue Address
東京都港区赤坂二丁目17番10号 Japan
Organizer
慶應義塾大学 南政樹
106 Followers