Event is FINISHED

2030年、働き方と暮らし方を考えるワークショップ

ICTを活用した自分の未来の行動シーンを想像する。
Description

未来のあなたはどんな暮らしをしていますか?

その時、便利さだけでなく、心が通うようなツールはありますか?

今回のワークショップでは、「生活の中で、どんなツールを使って誰とコミュニケーションを取っていくのか」という視点で、未来のなりたい自分のシーンをワークショップを通じて創っていきます。

設定は2030年。自分の家庭環境、働き方を創造しながら多様な世代と混ざりながら対話をし、実際に手を動かして未来のプロトタイプも作成していきます。


どなたでも参加できますが、途中入場・退席はプログラム上ご遠慮願います。


【概要】----------------------------------------------------------

タイトル:2030年、働き方と暮らし方を考えるダイアログ

日時:2015年3月1日(日)

時間:13:3017:30(17:30〜18:30交流会)※13:00開場

場所:mass✕mass関内フューチャーセンター  横浜市中区北仲通3-33

人数:40

対象:高校生以上

参加費:無料

ファシリテーター:一般社団法人SoLaBo 鈴木高祥

--------------------------------------------------------

当日のプログラム【予定】

※内容は、一部変更する可能性があります。

13:00〜13:30 :開場

13:30〜13:45 :趣旨説明 

13451400 :いまあるICTを確認

14001415 :アイスブレイク 

141514:30 :Key Talk 2030年に何が起こっていくか

14:3014:45 :休憩

14:45〜1500 :WS/マイICTシーンを具体的に妄想する。 

15101540 :WS2:ダイアログ 

15401550 :ICTが活躍しているストーリーを描く 

15501615 :WS3/ちょっと未来なプロトタイプをつくる 

16151630 :共有・ギャラリーウォーク 

16301640 :休憩(投票

16401715 :上位アイデア発表 

17151730 :まとめ・アンケート  

17301830 :交流会

1900     :解散・撤収

--------------------------------------------------------

★ファシリテ−ター

鈴木高祥

一般社団法人SoLaBo ファシリテーター。企業・NPO・地域と、それぞれが連携できる可能性を対話やワークショップを活用し生み出す時間の設計を担当。「まぜると、うまれる」をコンセプトに、多様なアイデア創造の場をつくる。

--------------------------------------------------------


【主催】NTTデータ経営研究所

【企画運営協力一般社団法人SoLaBo

(総務省委託調査研究の一環として実施)


Event Timeline
Updates
  • 会場住所 は 横浜市中区北仲通3-33  関内フューチャーセンター に変更されました。 Diff 2015-02-18 05:40:22
More updates
Sun Mar 1, 2015
1:30 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
当日参加
Venue Address
横浜市中区北仲通3-33  関内フューチャーセンター Japan
Directions
馬車道駅から徒歩2分、関内駅から徒歩8分
Organizer
Takaaki Suzuki
14 Followers