Event is FINISHED

竹尾有一×保坂健二朗×田中義久×菊竹寛「暮らしを深めるエチュード: 言葉と紙とデザインから考える」『疾駆/chic』第4号刊行記念

Description

日々の暮らしを色々な角度から眺めて、この時代の豊かさの意味を考えようというコンセプトのもと発刊されている雑誌『疾駆/chic』。毎号の装丁も内容に合わせて大きく変化し、印刷に使用される紙が特集に合わせて毎号違うというところも魅力の一つです。

例えば最新号では熊野で製造された洋紙を4色用いて、鮮やかな造本が実現されています。

色とりどりの紙、きらきらしている紙、つるつるしている紙、ざらざらしている紙、半透明の紙、薄い紙、厚い紙、外国の紙など9,000種ものファインペーパーの中から『疾駆/chic14号のために何が選ばれて、どうやって雑誌が作られてきたのでしょうか。

そして次号は……?

紙の専門商社として知られる株式会社竹尾から竹尾有一さんをお招きして、『疾駆/chic制作スタッフのお二人と同誌に連載を持つ保坂健二朗さんが、紙のことやデザインのこと、そこに載せられる言葉のことについて語り合います

【出演】

竹尾有一

1974年生まれ。慶應義塾大学(SFC)卒業。株式会社竹尾 取締役。マスメディア業界を経て2004年より紙業界へ。「紙」が今後どうなっていくのか常に模索中。

保坂健二朗

1976年生まれ。東京国立近代美術館 主任研究員。『疾駆/chic』創刊号から「良口雑言」を執筆。「フランシス・ベーコン展」(2013年)などの展覧会の企画を行う傍ら、様々なメディアで魅力的な問題提起を行っている。『すばる』や『朝日新聞』で連載を持ち、『芸術新潮』などへの寄稿多数。主な著書に『アール・ブリュット アート 日本』(共著・監修|平凡社)など。

田中義久

1980年生まれ。『疾駆/chic』グラフィックデザイナー。東京都写真美術館をはじめ、美術館、コマーシャルギャラリー等の展示V.I計画や、アーティストの作品集の装丁、デザインを手がける。2013年、JAGDA賞、JAGDA新人賞を受賞。飯田竜太(彫刻家)とのアーティストユニット「Nerhol」としても活動中。

菊竹寛

1982年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科卒業。タカ・イシイギャラリーに在籍。ギャラリーにて展覧会の制作・運営に携わる傍ら、2012年に芸術批評誌『凶区』を、14年に『疾駆/chic』を創刊し編集長を務める。三度の飯より酒が好き。

【日時】 201532日(月) 20:0022:00 19:30開場)

【場所】 本屋B&B  世田谷区北沢2-12-4 2マツヤビル2F

【入場料】 1500yen500yen/1drink

Event Timeline
Updates
  • タイトル は 竹尾有一×保坂健二朗×田中義久×菊竹寛「暮らしを深めるエチュード: 言葉と紙とデザインから考える」『疾駆/chic』第4号刊行記念 に変更されました。 Diff 2015-02-11 23:51:46
Mon Mar 2, 2015
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Organizer
本屋B&B
10,553 Followers