Event is FINISHED

インターナショナルオープンデータデイ2015@千葉 「街の現在(いま)を可視化する!」

Description

インターナショナルオープンデータデイ」とは、世界中の国や都市などの公共機関が取り組んでいるオープンデータ政策をサポートし、公共データ利用を促進するためのイベントを世界で同日開催するもので、2013年は千葉市を含む世界102地域、国内8地域で、2014年は世界194都市のうち32会場が日本で開催され、今年は2/21(土)に開催されます。

当日は各地で、産・官・学・民、さまざまな立場の方々がオープンデータを通じて街や地域と向き合い、仲間を作り、新たな一歩を踏み出す機会として、公共データを活用したアプリケーションの開発や、データの発掘・公開・可視化・分析を行い、その結果を公表します。

オープン!ちばでは、千葉市での3回目の開催を主催します。

今回は、私たちが生活する街の状況を分かりやすく共有し、そこから街の未来を考えることを目指し、“街の現在(いま)を可視化する!”をテーマに、

 ○ 街の課題を可視化する「ちばレポ」アイデアソン

 ○ 「自転車走りやすさマップ」のデータ化

 ○ 「フクロウ」を使ったポイ捨てゴミの可視化

に取り組みます。

 オープンデータに興味のある方、千葉に愛着のある方、地域の課題をICTを使って解決したい方、エンジニア・デザイナーのみなさん、ぜひ、ご参加ください!


日時:2015年2月21日(土)10:00~16:30(集合・開場9:45)

場所:日本IBM 幕張事業所(千葉市美浜区中瀬1-1)

 http://yahoo.jp/KraHPn (表示される地図の「G」マークの2階デッキが集合場所)

定員:35人(先着申込順)

参加費:無料(懇親会参加者は、別途)


スケジュール:

  9:45     集合・開場

 10:00~11:00 開会・趣旨説明・オリエンテーション・グループ紹介など

 11:00~15:30 グループワーク

        ○「ちばレポ」アイデアソン →発展のためのアイデアソン・まとめ

        ○ 自転車走りやすさマップ →データ化、マッシュアップ・まとめ

        ○ ポイ捨てゴミの可視化※ →まち歩き、可視化・分析、まとめ

         ※ プレイベント(2/14・土)あり。→詳細はこちら

 15:30~16:30 発表・意見交換・講評

 18:00~20:00 懇親会(海浜幕張駅周辺にて希望者で開催。会費¥3,500程度。申込は当日会場で)


主催:オープン!ちば(県内でオープンデータ推進を目的に活動する市民有志の団体)

共催:Code for Chiba

後援:千葉市

協力:日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社ピリカ

連絡先:オープン!ちば 担当:松島 openchiba@gmail.com

※ 会場には駐車場はありませんので、公共交通機関でお越しください。

  会場は休日につき入退場に制限がありますので、集合時間に遅れる方は予めご連絡ください。

  当日の昼食は、予め用意し、ご持参くださるようお願いします。(会場内、飲料自販機あり)


【2/16追記】

Code for Chiba代表の浦本さんが、2/14に開催したプレイベント「ポイ捨てゴミを可視化しよう」の様子をblogにまとめてくださいました。

みなさん、ご参考に♪

https://medium.com/@code4chiba/iodd-2015-c5ac7e46c465


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-02-16 12:36:28
More updates
Sat Feb 21, 2015
10:00 AM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本IBM 幕張事業所
Tickets
一般
Venue Address
千葉市美浜区中瀬1-1 Japan
Organizer
松島隆一(オープン!ちば)
93 Followers