Event is FINISHED

加藤典洋×小竹由美子 「小説の歓び〜書く、訳す、読む〜アリス・マンローをめぐって」アリス・マンロー『善き女の愛』(新潮クレスト・ブックス)刊行記念

Description

2013年にノーベル文学賞を受賞したカナダの女性作家アリス・マンローの短篇集『善き女の愛』の刊行を記念して、文芸評論家の加藤典洋さんと翻訳家の小竹由美子さんをお迎えし、アリス・マンローの小説の魅力について語り合うトークイベントを開催します。

「短編小説の女王」とも賞されるアリス・マンローの作品群は、一見、平凡な田舎町に暮らす生活者の内面に秘めた機微を細やかに、鋭く描き出し、短編小説でありながら長篇小説に劣らない重厚な読後感をもたらします。また、特徴的な時制の操作など名人芸といえるテクニックを駆使した物語展開は、映画を見るかのような強烈なイメージ喚起力をもち、そしていずれの作品でも、登場する女性たちのリアルな描かれ方が印象的です。

翻訳家の小竹由美子さんは、これまでに『イラクサ』『林檎の木の下で』『小説のように』『ディア・ライフ』『善き女の愛』とアリス・マンロー作品を訳されてきた、日本でのマンローの紹介における第一人者ともいえる存在です。一方、『善き女の愛』で初めてマンロー作品に接したという加藤典洋さんは、その作品世界を評してこう述べています。

 この人の小説を読むと、いま書かれている小説の多くが、肌のすべすべした、感じやすくて清新、かつ疑いを知らない、若い男女の物語であることがわかる。一方この人の世界では、時間が緩急自在に物語を動かし、誰もの肩の上に等しく歳月が降りつもる。本文の一行あきの後、世界が数十年過ぎていたりする。その間に、高速度撮影の空を過ぎる雲のように、子供は傷つき、若い人は年老い、仲のよかった夫婦は別れ、老人は死ぬ。
 ひそかな回復と希望が、語られないというのではなく、時間の酸をくぐり、ささくれだった手の甲の荒れた皮膚のうえに鉄のペンで記される。この小説の世界では「傷つく」こと「打ちのめされる」ことが大人になるための「道」である。
__加藤典洋(『波』2015年1月号掲載のレビューより) http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/590114.html

アリス・マンローは自身の作品について、「わたしのテーマは昔から今にいたるまでずっと『人生なるもの』なのだ」(マンローの長女による伝記より/小竹訳)と語っています。人はなぜ小説を書くのか、そして訳すのか、読むのか。アリス・マンローという作家とその作品を通して、人が生きる上で欠かせない「欲望」と「歓喜」の在処を考えます。


アリス・マンロー(Munro,Alice)
1931年、カナダ・オンタリオ州の田舎町に生まれる。書店経営を経て、1968年、初の短篇集Dance of the Happy Shadesがカナダでもっとも権威ある「総督文学賞」を受賞。やがて国外でも注目を集め、ニューヨーカーに作品が掲載されるようになる。寡作ながら、三度の総督文学賞、W・H・スミス賞、ペン・マラマッド賞、全米批評家協会賞ほか多くの賞を受賞。おもな作品に『イラクサ』『林檎の木の下で』『小説のように』『ディア・ライフ』『善き女の愛』など。チェーホフの正統な後継者、「短篇小説の女王」と賞され、2005年にはタイム誌の「世界でもっとも影響力のある100人」に選出。2009年、国際ブッカー賞受賞。2013年、カナダ初のノーベル文学賞受賞。『善き女の愛』は1998年全米批評家協会賞受賞作。


【出演】
加藤典洋(かとう・のりひろ)
1948年、山形県生まれ。文芸評論家。東京大学文学部卒業。著書に『アメリカの影―戦後再見―』、『言語表現法講義』(新潮学芸賞)、『敗戦後論』(伊藤整文学賞)、『テクストから遠く離れて』『小説の未来』(桑原武夫学芸賞)、『村上春樹の短編を英語で読む1979~2011』『3.11死に神に突き飛ばされる』『小さな天体―全サバティカル日記―』『人類が永遠に続くのではないとしたら』ほか多数。共著に鶴見俊輔・黒川創との『日米交換船』、高橋源一郎との『吉本隆明がぼくたちに遺したもの』ほか。

小竹由美子(こたけ・ゆみこ)
1954年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒。訳書にアリス・マンロー『イラクサ』『林檎の木の下で』『小説のように』『ディア・ライフ』『善き女の愛』、ネイサン・イングランダー『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること』、ジョン・アーヴィング『ひとりの体で』ほか多数。


【日時】
2月28日(土) 19:00〜21:00(18:30開場)

【場所】
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F

【入場料】
1500yen+1drink order(500yen)



Event Timeline
Sat Feb 28, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,538 Followers