Event is FINISHED

中央卸流通の現場を知る - 築地場内の仲卸による築地市場視察ツアー

地域課題特化型視察研修プログラム SOCCA
Description
 明治元年創業の築地仲卸業者、尾辰商店の河野竜太朗氏を招聘しての東京都中央卸売市場(築地市場)を巡る視察研修ツアーです。現場で実際に活躍する仲卸事業者である河野氏から中央流通の実情を伺う充実の早朝3時間の視察研修プログラムです。

 年間6,000億弱(1日あたり約20億円)の取引が行われる築地市場。

 中央流通から見た各地域産物の立ち位置・見え方や現状を現場で視察いただけます。視察を通じて、中央流通に産物を乗せるノウハウやブランディングの秘訣、中央の流通現場が産地産物のどういったところに目を向けているのかを実際に築地場内で仲卸として最前線に立つ尾辰商店代表の河野氏を通じて肌身で感じていただけます。

 マグロの競りや仲卸店舗を視察し、プログラム後半では、朝食を召し上がっていただきながら、河野氏とのディスカッションの中で、より詳細なお話をゆっくりと聞いていただけるお時間を設けております。

 観光地ではなく、日本の流通の中心としての築地市場の姿を通じて、地域がどのように働きかけていくべきかのヒントを掴んでいただけるプログラムとなっております。


《タイムテーブル》

5:00 築地市場正門(交番前)集合

    青果競り場~鮮魚競り場〜活魚競り場〜マグロ競り場の見学

6:00 築地場内見学

    鮮魚仲卸店舗〜青果仲卸店舗〜飲食棟〜屋上の見学

7:00 築地場内で朝食を取りながら中央流通の実情についてディスカッション



研修講師:河野竜太朗

株式会社尾辰商店 代表取締役

大手印刷会社の営業マンから仲買人の世界に入り、築地の仲買人として全国約600店舗の料理店と契約を結び、新鮮な魚を卸している。面白い魚が入ったと聞けば、別の市場にまで足を延ばし、また産地へも直接頻繁に足を運ぶ生粋の仕事人。「夢の食卓」を始め、数多くのメディアにも紹介されている。


尾辰商店

河野竜太朗氏が経営する明治元年創業の築地の仲卸会社。尾辰商店の卸す魚は、高級寿司屋から行列のできるイタリアン、居酒屋まで業種業態問わずさまざまな料理人に支持されている。

東京都中央卸売市場(築地市場)

東京都中央区築地にある公設の卸売市場。その規模は日本はおろか世界最大であり、世界に名だたる代表的な卸売市場。面積約23ヘクタールの市場内で、7の卸売業者と約1000(うち水産約820)の仲卸業者によって競りが行われる。取扱数量は、全品目合計で約916,866トン(一日当たり水産物2,167トン、青果1,170トン)、金額にして約5657億円(一日当たり水産物1,768百万円、青果320百万円)。
現在築地市場で取り扱う品目は水産物(取扱量日本最大)のほか、青果・鳥卵・漬物・各種加工品。

====================================================

《集合/解散場所》

5:00 築地市場正門前(交番前)集合

8:00 築地場内で朝食後に解散

====================================================


Event Timeline
Sat Feb 21, 2015
5:00 AM - 8:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
築地市場
Tickets
視察研修(朝食代別) ¥10,000
Venue Address
東京都中央区築地5-2-1 Japan
Directions
東京メトロ日比谷線 築地駅 徒歩1分、都営大江戸線 築地市場駅 徒歩1分、東京メトロ日比谷線、都営浅草線 東銀座 徒歩3分
Organizer
ゾイシア株式会社
62 Followers