Event is FINISHED

sessions the 21th『食を通して「生きる力」を養うワークショップ』sessions初の体験型イベント「生きる力・・・おむすびをむすぶ」

Description

セッションズは多様性と社会の課題解決を目指すトーク&ワークショップ・イベントです。これまで「お金」「メンタルヘルス」「働き方」「居場所」「メディア」「地方議会」「発達障害」などをテーマに開催してきました。

「今回のセッションズは「食」をテーマにした体験型のワークショップです。食べることは生きることの基本。人間は食べなければ生きていけません。現代は外食産業が発達、また調理済み食品が簡単に手に入るので、自分で作らなくても食べられるようになりました。しかしながら、実は料理を作ることは、主体的に生きる第一歩になり得るのです。」

「食事は生活の基盤ゆえ、自分で作ることができれば自立につながります。家族と暮らしている方は、家庭の中で役割を得ることになります。他の人と一緒に作ったり、食事を共にすれば、コミュニケーションが生じます。現実を生きる力を養う術になります。」

「調理実習と食に関するワークショップを開催します。このワークショップでは、実際に作って試食しながら、生活の基本スキルを自分のペースで得、生きる糧を食す行為や豊かに生きる意味を改めて考える体験をします。」
これまで料理をまったくやったことのない方でも安心してご参加いただける内容となっております。食べること、料理することに関心のある方々のご参加をお待ちしています。

■講師
マエダ ユミ
大手食品メーカー各社の、食品及びメニュー開発部門にて派遣や契約社員として勤務。

2/21(土)
open 17:30
start 18:00
close 21:30
¥2500(材料費込み)
無就労者割引¥2000(先着限定4席)
@新宿区四谷地域センター 調理工作室
東京都新宿区内藤町87番地 四谷区民センター11F

■参加申込
こちらのサイトからクレジット決済をしていただくか、以下のアドレスに参加希望の旨をメールにてお伝えください。
m.kyuzaki@gmail.com
タイトルに「セッションズ参加希望」
本文に①氏名(ニックネーム)②年齢を記載してください

■参加者の持ち物
エプロン
滑りにくい靴

■当日スケジュール予定表
17:50 開場
 参加者入場
18:00 始めの挨拶
 sessionsについて説明
18:05 今日のテーマの紹介「食」 
 今日の流れについて紹介
18:15 講師自己紹介
18:20 参加者自己紹介
 ①名前
 ②出身地(日本は広く、地方によっておむすびも特色があるから)
 ③参加動機
 ④調理5段階自己評価
 ⑤自分が考える定番おむすび(いつも買う種類や好きな具の種類、家庭でよく食べたもの)
18:40 調理講習
(20分)
 ①調理の際の注意事項:手洗いとアルコール・やけど、けが等の防止
 ②ご飯の炊き方:お米の種類と選び方・研ぎ方・浸水時間・炊飯後の攪拌方法
 ③三角おむすびの作り方:ご飯量・茶碗を使用したむすび方・塩のつけ方・保存方法
 ④その他のおむすびの作り方:俵型むすび・ガラス瓶丸結び・サンドイッチむすび
19:00 調理実習
(50分)
 ①調理の準備
 ②三角おむすびを結ぶ:具を選ぶ・いろいろなお米のサンプルを取る・握る
 ③その他のお結びを作る
 ④盛り付け
19:50 喫食
【講師からの話】(20分)
 ①調理を終えての感想
 ②「食」について考えること:おにぎりでなくおむすびと呼ぶ意図・自分で作ることの意義
【参加者から】(40分)
 ①調理を終えての感想
 ②「食」について考えたこと
 ③質問
20:50 後片付け
 ①清掃
 ②ごみの始末
 ③持ち帰るものの荷造り
21:10 感想の挨拶 次回予告
21:15 現状復帰 退出
 ①忘れ物の確認
 ②火の元の確認


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-02-11 13:06:53
More updates
Sat Feb 21, 2015
6:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
新宿区四谷地域センター F11 調理工作室
Tickets
一般 ¥2,500
無就労者割引 ¥2,000
Venue Address
東京都新宿区内藤町87 Japan
Organizer
セッションズ
123 Followers