Event is FINISHED

メガ現場を訪ねて

2月18日発売! 『メガ! 巨大技術の現場へ、ゴー』(成毛眞著)刊行記念イベント 主催:新潮社 & 特別協力:HONZ
Description
こういう時だからこそ、デッカいものを見よう! 
巨大なのにディテールが緻密な技術の粋を紹介する、楽しい大人の社会科見学ビジュアル本の刊行です(2月18日発売予定)。この、週刊東洋経済の人気連載の単行本化にあたり、連載時の担当編集者でもあった、東洋経済オンライン山田俊浩編集長とのトークイベントを開催いたします。日本の技術のエッジに携わる、各企業機関、そこで働く方々について語る夜です。
なお、本イベントは、ノンフィクション書評サイト「HONZ」の特別協力によるものです。

◇アクセスについて
地図(新潮社)はこちら。 http://www.shinchosha.co.jp/info/map_l.html 
本館と別館がありますが、東西線神楽坂駅(矢来町側出口)を背にして、右側の建物が別館です。谷内六郎壁画の脇の入り口からお入りください。案内に従って、4階までお上がりください。席はすべて、自由席となります。

◇当日の本の販売について
サイン本付チケット(税込み価格)については、当日本をお渡しさせていただきます。

◇取材させていただいたのは……
1 帝都を走る、大橋ジャンクションの地下網
2 極秘・東海道新幹線の運行システム
3 三菱重工業長崎造船所にLNG船が
4 東京ガス、古墳のごとき世界最大容量タンク出現 
5 北海道原野に広がる国家石油備蓄基地タンク群
6 世界初・海に浮かぶ風力発電所。大企業集結!
7 「核融合発電」が、浜松ホトニクスの次なる挑戦
8 宇宙の果てを見通す、オハラの精密巨大ガラス
9 1日最大200万冊を扱う日販の大流通システム
10 「グローバルニッチ」の未来形 
11 この本の紙をつくるのは、日本製紙と特種東海製紙
12 130億光年先を見る望遠鏡は国立天文台から
13 地球深部探査船「ちきゅう」内部潜入! 
14  スイス・ジュネーブのCERN、つくばのKEKへゴー!

ちなみに、このイベントのバナーは、左側がJAMSTEC「ちきゅう」のデリック(掘削やぐら)、右側がCERNの加速器内部の写真です。

◇登壇者&プロフィール
山田俊浩&成毛眞

山田俊浩(やまだ・としひろ)1971年埼玉県出身。早稲田大学政経学部政治学科卒。1993年東洋経済新報社入社。精密、電機、コンピューター、銀行などを幅広く取材。週刊東洋経済誌上で「アマゾンの正体」などの大型特集を企画。著著に「稀代の勝負師 孫正義の将来」。2014年7月から東洋経済オンライン編集長を務める。

成毛眞(なるけ・まこと)HONZ代表。元マイクロソフト社長。インスパイア取締役ファウンダー。スルガ銀行社外取締役。早稲田大学ビジネススクール客員教授。毎日出版文化賞選考委員。週刊新潮、週刊東洋経済、月刊クーリエ・ジャポンにエッセイ連載中。産経新聞、週刊朝日などに書評寄稿多数。代表的著書に『面白い本』『大人げない大人になれ』。

◇お問い合わせ
新潮社 tel 03-3266-5611
※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-01-30 15:22:05
More updates
Thu Feb 26, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
新潮社別館4階ホール
Tickets
3000(参加費・サイン本付) ¥3,000
1500(参加費) ¥1,500

On sale until Feb 26, 2015, 5:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町71 Japan
Directions
東京メトロ東西線「神楽坂」 2番出口 徒歩1分。ないしは、都営地下鉄 大江戸線「牛込神楽坂」駅 A1出口 徒歩7分。本館と別館がありますが、神楽坂駅から「ラカグ」を過ぎて、右側の建物、「谷内六郎壁画」の脇をお入りください。東京メトロ 東西線 神楽坂駅 2番出口 徒歩1分 都営地下鉄 大江戸線 牛込神楽坂駅 A1出口 徒歩7分
Organizer
新潮社
128 Followers