Event is FINISHED

二枚目の名刺/SCSK「3.11 きずなカフェ」

企業発、東北復興を通じたオープンイノベーションの可能性
Description
【二枚目の名刺が企業と共に東北発イノベーションの可能性を発信します!】

震災から4年経ったいま、東北は"復興を目指す被災地"から"イノベーション拠点としての新興地域"に生まれ変わろうとしています。そんな東北について、この度二枚目の名刺がSCSKと共に、新しい東北の姿、そして企業にとっての東北新興の価値を発信するセッションを開催します!

キーノートでは、東北のイノベーションハブとして新興事業支援に取り組む2団体の代表から、東北発のイノベーションの現在地を伺います。パネルディスカッションでは、組織の枠を越えたアクションを推進する企業の方々から、企業に見る東北復興の価値を探ります。3月11日、新しい東北のカタチを実現しようとするフロントランナーとの出会いから、新たなアクションのきっかけを提案します。

みなさまのご参加お待ちしています!

====以下、イベント概要====
【概要】
・日時:2015年3月11日(水)18:30-21:30 ※20:30~21:30ネットワーキング(途中入退室可)
・場所:SCSK 豊洲本社14階 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント(東京メトロ豊洲駅C1出口 徒歩1分)
・参加費:無料(要事前申込)
・定員:30人(先着順)
※当日は東北の名産品/特産品やドリンク等をご用意します。

【コンテンツ概要】
◆18:00-18:30 開場
◆18:30-19:30 キーノート:「東北から創るオープンイノベーションの取り組み」
◆19:30-20:20 パネルディスカッション:「企業から見る 東北復興の価値―オープンイノベーションの発信地としての東北」
◆20:20-20:30 クロージング:SCSKが目指す、東北復興のこれから
◆20:30-21:30 ネットワーキング


【キーノート登壇者】
■一般社団法人 MAKOTO 代表理事 竹井 智宏氏
ベンチャーキャピタルを経て2011年7月MAKOTO設立。50人超の起業家が集う東北最大のコワーキングスペース「cocolin」を仙台市内で運営。東北随一のクラウドファンディングサービス「CHALLENGE STAR(チャレンジスター)」も展開。米国カウフマン財団のカウフマンフェローとして、被災地とシリコンバレーを行き来し、被災地の復興を加速させるため活動中。IMPACT Japanと提携し、東北起業家育成のINTILAQプロジェクトを推進。日本青年会議所より「人間力大賞2012復興創造特別賞」を受賞。世界の若手起業家約10000人でつくる「EO(アントレプレナーズ・オーガニゼーション)」の東北分科会事務局長。東北大学特任准教授(客員)。

■一般社団法人 新興事業創出機構(JEBDA) 理事長 鷹野 秀征氏
アクセンチュア勤務後、2001年よりNPO支援・CSR支援・社会起業家支援を実施。
震災後、企業CSR、NPO団体とネットワークを構築しJEBDAを設立し、東北から民間主導による社会的事業を促進している。財団法人パブリックリソース財団理事、SVP東京パートナー。東北ではNPO法人りあすの森や、ガーネットみやぎの理事も務める。

【パネルディスカッション登壇企業】
・SCSK株式会社
・株式会社日立ソリューションズ
・コクヨファニチャー株式会社
・スカイライトコンサルティング株式会社

【主催】NPO法人 二枚目の名刺、SCSK株式会社
【協力】(社)MAKOTO、(社)新興事業創出機構(JEBDA)

【照会先】
NPO法人 二枚目の名刺事務局 info@nimaime.com
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-02-18 08:33:40
More updates
Wed Mar 11, 2015
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット
Venue Address
東京都江東区豊洲3-2-20豊洲フロント14階 Japan
Directions
東京メトロ有楽町線豊洲駅1c出口徒歩1分
Organizer
二枚目の名刺
1,081 Followers