Event is FINISHED

地域のトップランナー・畦地履正が(焼酎飲みながらゆっくり)いなかビジネス教えちゃる「栗の木10,000本プロジェクト」

そっか!が溢れる本気の地域視察研修プログラム by SOCCA
Description

膝付きあわせて、いなかビジネスについてゆっくり話を聞いてみませんか?


 高知県四万十川流域で、商品開発や道の駅「四万十とおわ」の運営、人材育成に取り組む株式会社 四万十ドラマ代表取締役の畦地履正(あぜちりしょう)氏。

 彼の商品開発は、ヒット商品を次々と生み出すだけでなく、それぞれの商品が地域の問題解決に的確に貢献していることで全国から注目されています。

 地域に密着した商品開発とはなにか?そのために必要なものは?畦地氏の「いなかビジネス」が生まれた四万十の現場を実際に見て、生産者と話し合い、「いなかビジネス」の哲学から、今回はまさに今世に出ていこうとしている四万十地栗を利用した商品開発ケーススタディを、ゆったり焼酎を傾けながら学べる超近距離型地域ビジネス体感飲みプログラムです。

かしこまらない空間だからこそ聞けるリアルな地域の姿、今まさに生まれようとするいなかビジネスの難しさ、最前線で行動する人の「本音」にゆったりと耳を傾けてみてください。


四万十ドラマ代表 畦地履正とは?

 株式会社 四万十ドラマの代表取締役としてひたらすら地域に根ざし、四万十と共に歩み続けてきた畦地氏。現在では、多くのオリジナル開発商品をヒットさせ、地域活性化のエースとして全国的に知られています。「四万十川に負担をかけないものづくり」を四万十ドラマのコンセプトとして掲げ、地域資源の「生産の現場」を保全しながら、活用し、そこから生まれた「商品」が地元に戻って来る「地元発着型産業」のトップランナーとして走り続けています。


会場となる東京キチとは?


東京キチは、文京区根津のどこかにある地域が集まる東京の秘密基地です。
東京キチでは夜毎地域のキーマンが全国から集い、地域と地域が出会い、地域と東京が出会っています。

民家を改造したキチ内で、ゆったりとリラックスしながら地域の本当のところを覗いてみませんか?


=========================

四万十川に負担をかけないものづくり


 畦地氏が目指すものづくりは、単に売れる商品を作ることではありません。自分たちのあしもとを見つめ直して潜在する価値をみつけ、それを育て、自分たちのココロザシを持ち、地域の独自性を守るために広げていくこと。「あるものはある。ないものはない」と何事にも正直に、誠実に対応すること。生産者と地域を大切にすること。そうすることで、四万十側に負担をかけずに四万十の魅力を最大限活用できる商品開発が可能になります。


四万十ドラマのものづくり事例①

 四万十流域の茶葉だけを使った「しまんと緑茶」、「しまんとほうじ茶」。それまで四万十の茶といえば静岡茶に交ぜられるだけ。そうではなく「自分たちのお茶は自分らで売ろう」と開発し、「実は茶どころ」のキャッチコピーで年間35万本を売り上げるヒット商品に。かつて地元で盛んだった紅茶栽培も復活させました。


四万十ドラマのものづくり事例②

 かつて栗の有数の産地として知られていた四万十ですが、安い海外産や高齢化の影響で徐々に山は荒れていきました。栗の産地を守ろうと、栗を渋皮煮に加工して売り出すことによって、原料としての栗に付加価値をつけ、経済を生み出していくことに成功。地元産の栗=地栗(ジグリ)として人気ブランドとなりました。
 ヒット商品となった渋皮煮、今度は材料の栗が不足し、今では毎年5000本の栗の木を植えて、山の再生や地元での雇用の確保にまでつなげています。

 今回の「いなかビジネス教えちゃる 栗の木10,000本プロジェクト」は、この「しまんと地栗」にフォーカスした特別バージョンであり、栗の生産者の方にもお話を伺えます。


いなかでビジネスをするというのは詰まるところどういうことなんだろう?


 これまで100種類を越える商品を開発し今や売れない商品はないというほどの畦地氏ですが、彼の商品開発には知識やテクニックだけでなく彼のいなかビジネスについての考え方が不可欠です。今回のプログラムは、実際の現場でケーススタディを交えながらそれを体感ことができます。

 実際の生産現場の状況や、「地栗」商品が生まれる現場での経緯を学べ、商品の原材料である栗の生産者の方にもお話を伺うことで、単に成功事例の成り立ちを知るだけではないのがこのプログラムの最大の魅力です。


 それぞれの地域での活かせるような商品開発プロセスを、地域の生の現場で学び、真の意味で地域に密着した商品開発とはなにか、畦地氏と一緒に考えてみませんか?


=================================================

《プログラム内容》

19:00 プログラム開始、乾杯

・四万十ドラマの取組紹介&現状説明
・しまんと地栗渋皮煮の開発から販売まで
・しまんと地栗の未来、構想について

21:00 四万十流の交流会開始

《参加費》

商品開発セミナー+懇親会(飲み放題) ¥10,000


《登壇者プロフィール》

畦地 履正(あぜち りしょう)
株式会社 四万十ドラマ 代表取締役
http://shimanto-drama.jp/
1964年生まれ、高知県高岡郡四万十町出身。高知東高校を卒業後、地域の通信関連企業に就職。1987年(23歳)、四万十に戻り、十川農協(現高知はた農協)に職を得て、故郷に根を下ろす。
1994年、四万十川流域町村の出資により設立された第3セクター「株式会社四万十ドラマ」のただ1名の常勤職員として採用される。当時は経営も何も分ら なかったが、ひたすら"地域には何かある"と信じて、「この地域に何があるのかを、ただひたすら調べて回った」。この時の調査を元手にして、後に多くのオリジナル開発商品をヒットさせる。
 2007年からは道の駅「四万十とおわ」の指定管理者となり、同年代表取締役に就任、現在に至る。飾らない気さくな人柄が魅力で、ファンも多い。
Event Timeline
Tue Feb 10, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京キチ
Tickets
商品開発セミナー+懇親会 ¥10,000
Venue Address
東京都文京区根津2-33-9 Japan
Organizer
ゾイシア株式会社
62 Followers