Event is FINISHED

「リテラシー強化ゼミ」オリエンテーション

メディアジャーナリストによる「ニュースを読み取る力」養成ゼミ
Description
現役ジャーナリストによる、メディアリテラシーを強化する講座です。
日々流されるニュースはどのようにして作られ、流されているのか。
どのニュースを信じたらいいのか。ネット上に情報が溢れ続ける現代こそ、ニュースを「読み解く」力が求められます。それがメディアリテラシーです。
これまで漠然と見てきたニュースの背景に迫り、社会の問題をどう解決していったらいいのか、みんなで一緒に考えます。
学生も社会人も参加頂けます。今回は秋学期開講(10月27日(土)予定 を控えてのオリエンテーションです。開講の趣旨説明、模擬講義の後、本ゼミに関する質問にお答えします。
1開催日 2012年10月20日(土)1500~1700
 講義は原則毎週土曜日1500~1700
  全10回
  ①メディアリテラシー論 
  ②テレビジャーナリズム論
  隔週で講義
2講義内容
①メディアリテラシー論 (渡辺真由子講師担当)
メディアの背後にあるイデオロギーやジェンダー表現の問題について、先端のメディア・リテラシー理論を学ぶ。作り手の「意図」を分析することに重点を置く。
講義例)
・客観報道の罠
・広告のからくり
・メディアの言葉使いを読み解く
・性・暴力表現の影響
・インターネット・リテラシー

②テレビジャーナリズム論(安倍宏行講師担当)
日々のニュースから世の中の動きをどう読みとったらいいのか?またその分析の下に、私達はどのような行動を起こしていけばいいのか?実践的に考える。

講義例)
・報道の意義
・記者の仕事
・ニュース原稿の書き方
・取材の基礎
・リポート実践

3講師
渡辺真由子

メディアジャーナリスト。子どもの「性」や「いじめ」、男女共同参画を、メディア・リテラシーの観点から執筆・講演。TBS「みのもんたの朝ズバッ!」等でコメンテーターを務める。元・テレビ局報道記者&慶応大学講師。全国の新聞にケータイ問題コラムを連載。著書に『子どもの秘密がなくなる日~プロフ中毒ケータイ天国』『オトナのメディア・リテラシー』、『大人が知らない ネットいじめの真実』ほか。
安倍宏行

1979年慶応義塾大学経済学部卒業・日産自動車入社
1985年国際大学大学院国際関係学科修士課程卒
日産自動車で海外輸出、海外購買、長期事業計画などを経験、
1992年フジテレビ入社。経済部で、通産省・大蔵省(当時)を取材し、経済担当キャップを務める。
1996年~2001年 ニューヨーク特派員を経て、支局長
2002年 ニュースジャパンキャスター
2003年 経済部長を経て、解説委員
2009年 BSフジLIVEプライムニュース解説キャスター。

4参加費
1000円

5場所 慶応義塾大学三田キャンパス西校舎 1階 515号教室


Event Timeline
Sat Oct 20, 2012
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 ¥1,000
Venue Address
東京都港区三田2-15-45 Japan
Directions
・JR山手線/JR京浜東北線 田町駅下車、徒歩8分 ・都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線 三田駅下車、徒歩7分 ・都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅下車、徒歩8分 ※東京~田町:約10分 ※渋谷~田町:約15分
Organizer
Japan In-depth
281 Followers